• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「慰安婦問題」熊谷奈緒子著

 慰安婦問題の難しいところは政治と法、法と道義がからまり合っていること。今回の問題も2012年末には日韓両政府間で合意ができかけていたが、それぞれ衆院選と大統領選のために中断され、それが後に課題を残すことになったという。 

 国際関係論を専門とする著者は「慰安婦論争」の争点を洗い直す一方、慰安婦に類するものが他国や他の時代にあったかどうかを検証し、戦後の政府の取り組みやアジア女性基金による道義的補償の試みとその「失敗」、国際戦犯法廷の活動をたどっていく。現今の情勢下では最も客観的な「慰安婦問題研究」といえるだろう。ナチのユダヤ人狩りのような強制連行をしたという公文書はないが、それで慰安婦が「自由意思」によるとはいえない。元慰安婦でも人によって「補償」に対する態度は違う。歴史的な女性差別・搾取などの問題と照らし合わせた複眼的視点がなければ「強制」が「あった」「なかった」の水掛け論になってしまうのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  3. 3

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  9. 9

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  10. 10

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

もっと見る