• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「迷子の日本国憲法ただ一つの国から、ただの国へ」森村誠一編著

 安倍政権が戦争ができる国に向けて着々と準備を進める今、戦争抑止の視点から憲法について考えてほしいと護憲派、改憲派双方の主張を取り上げ紹介する憲法参考書。

 憲法は「国家権力の暴走をいましめる縄のようなもので、国民が改正を望むならまだしも、権力側にある者が縄を解いてくれというのは、うさんくさいと思わなければなりません」という脚本家のジェームス三木氏。「主権のない占領下で作られたものが主権の表現たる『憲法』のはずもなく」と憲法改正ではなく「無効宣言」を唱えるべきと主張する評論家の渡部昇一氏など。各界各人の主張を参考に、自らの問題として憲法と向き合う。

(徳間書店 1000円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  3. 3

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  6. 6

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  7. 7

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  8. 8

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  9. 9

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  10. 10

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

もっと見る