「迷子の日本国憲法ただ一つの国から、ただの国へ」森村誠一編著

公開日: 更新日:

 安倍政権が戦争ができる国に向けて着々と準備を進める今、戦争抑止の視点から憲法について考えてほしいと護憲派、改憲派双方の主張を取り上げ紹介する憲法参考書。

 憲法は「国家権力の暴走をいましめる縄のようなもので、国民が改正を望むならまだしも、権力側にある者が縄を解いてくれというのは、うさんくさいと思わなければなりません」という脚本家のジェームス三木氏。「主権のない占領下で作られたものが主権の表現たる『憲法』のはずもなく」と憲法改正ではなく「無効宣言」を唱えるべきと主張する評論家の渡部昇一氏など。各界各人の主張を参考に、自らの問題として憲法と向き合う。

(徳間書店 1000円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  3. 3

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  4. 4

    ガッキー知人が悩み明かす「実年齢とのギャップに違和感」

  5. 5

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  8. 7

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  9. 8

    久米宏は日本のテレビやラジオにまだ必要だ

  10. 9

    西村コロナ担当相がイラつき激高 “逆ギレ会見”に批判殺到

  11. 10

    安倍首相「自画自賛ウソ会見」と何も突っ込まないお粗末記者

もっと見る