• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「もみ消しはスピーディーに」 石川智健著

 監察官が起こした不祥事を契機に、警察官僚はアメリカの諜報企業リスクヘッジ社と契約を結んだ。表向きは、第三者機関として監察を含めた組織全体の監視をするのが任務だったが、実際期待されていたのは不祥事をすぐに察知し外部に漏れる前に処理するという秘密のミッション。リスクヘッジ・ジャパンに所属する近衛怜良は、さっそく淫行をネタに脅されている警察官を発見し自己都合の依願退職へと導く。監察を出し抜いて不正を握りつぶす手法は表には出せないミッションだったが、その動きを不審に思った雑誌記者・鮎川譲は、監察官の和久井勝也に共闘することを持ち掛けるのだが……。

 個人の自宅や自家用車のレベル、収入、家族構成、旅行頻度、消費傾向などの変動からテロリストを割り出す手段を確立した諜報企業が、国家警察の不祥事の隠蔽を請け負うという道具立てが見事な新しいタイプの警察小説。リスクヘッジ社対監察官のバトルを一気に読ませる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  5. 5

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  6. 6

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  7. 7

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  8. 8

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  9. 9

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  10. 10

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

もっと見る