「税金を払わない巨大企業」富岡幸雄著

公開日: 更新日:

 安倍政権が今年4月に実行した消費税増税。来年10月には10%への再引き上げが既定路線となっている。国民に重くのしかかる増税だが、日本の巨額な財政赤字は大企業が税金を払っていないことが原因だとしたら…。

 富岡幸雄著「税金を払わない巨大企業」では、日本の法人税の驚くべき実態を暴露。元国税庁大蔵事務官の著者が、日本の税制の不公平さを指摘している。

 法人税と法人住民税、法人事業税の3つを合計した、企業の所得に対してかかる法定正味税率は決まっており、2008年3月期から2012年3月期までは東京都の場合40.69%(資本金1億円超の場合)。これが大企業の経営者などからの引き下げ要求によって、2013年度は38.01%に、2014年度からは35.64%に下がっている。“経済と企業の活性化”を旗印に、法人税は年々優遇が厚くなっているにもかかわらず、大企業ほど払うべき税金を払っていないと著者は指摘する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  4. 4

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  7. 7

    千原せいじ消滅危機…2度の不倫疑惑でテレビ局「出禁」状態

  8. 8

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  9. 9

    杏にのしかかる東出不倫の代償5億円 映画再撮で離婚に拍車

  10. 10

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る