「脳科学は人格を変えられるか?」エレーヌ・フォックス著/森内薫訳

公開日: 更新日:

 楽観的な人と悲観的な人、ものごとの受けとめ方はなぜ人それぞれ違うのか。脳と性格の関係の謎に迫ったサイエンス・ノンフィクション。

 脳の中には思考をつかさどる新しい領域と、原始的な感情をつかさどる古い領域がある。神経線維の束でつながった両者の結びつきが人によって微妙に異なり、生き方や考え方の相違につながっているそうだ。全米の修道女の追跡調査など、多くの例を紹介しながら、楽観脳と悲観脳が脳内でせめぎあって性格が形成されることを明かす。さらにその脳の働きを決める遺伝子の存在と、脳にはその遺伝子の働きをも変容させる柔軟さがあることも解説。

(文藝春秋 1600円)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  5. 5

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  6. 6

    会長の「終身雇用守れぬ」発言に隠された経団連の“本音”

  7. 7

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  8. 8

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  9. 9

    衆院沖縄3区補選 屋良朝博氏の勝利に敢えて水を差す

  10. 10

    先物が最高値 GW10連休を襲うガソリン髙と値上げラッシュ

もっと見る