• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「本があって猫がいる」出久根達郎著

 滋味あふれる文章と博識で読者を魅了する作家による最新エッセー集。

 過去の世相を知りたいときには、その年に発行された雑誌を開けばよいと、「主婦之友」昭和7年4月号掲載の小学校教員一家の生活の実態や、月刊誌に載った、婦人記者が女給になりすまし「エロサービス」ありのカフェに潜入する体験記を紹介。一方で司馬遼太郎記念館を埋め尽くす膨大な蔵書について語りながら、古本屋の店主の視点から古書についてつづる。かと思えば、働き始めたころの淡い恋や新婚初夜の思い出、そして、最後のペットと定めて迎え入れた猫のパルルとの暮らしなど日々の点景まで。自在な文章に酔う。

(晶文社 1600円)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  5. 5

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  6. 6

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  7. 7

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  8. 8

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  9. 9

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  10. 10

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

もっと見る