「本があって猫がいる」出久根達郎著

公開日:  更新日:

 滋味あふれる文章と博識で読者を魅了する作家による最新エッセー集。

 過去の世相を知りたいときには、その年に発行された雑誌を開けばよいと、「主婦之友」昭和7年4月号掲載の小学校教員一家の生活の実態や、月刊誌に載った、婦人記者が女給になりすまし「エロサービス」ありのカフェに潜入する体験記を紹介。一方で司馬遼太郎記念館を埋め尽くす膨大な蔵書について語りながら、古本屋の店主の視点から古書についてつづる。かと思えば、働き始めたころの淡い恋や新婚初夜の思い出、そして、最後のペットと定めて迎え入れた猫のパルルとの暮らしなど日々の点景まで。自在な文章に酔う。

(晶文社 1600円)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る