「株高時代の『お金の教養』」菅下清廣著

公開日:

 デフレが長く続き、銀行に貯金をしても増える気配のない今、自分を守るために必要なのは、お金の教養だという。

「食べる」「映画を見る」など自分が楽しいと感じ、ためになることに使うようにすれば、それは自分への投資となり、同時に締めるべきポイントも見えてくる。

 節約を気を付けている人も多いが、冷暖房費はケチってはいけない。数十円、数百円浮かせても風邪をひけば治療費のほうが上回り、結局のところ無駄な支払いをすることになるからだ。

 その他、セミナーや勉強会には身銭を切れ、新聞・雑誌は「つくられた記事」より「インタビュー記事」を読めなど、時代を察知する感性とお金に対する教養を高める術を伝授する。

(KADOKAWA 1400円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る