「1日1分! お金も時間も貯まる片づけの習慣」小松易著

公開日: 更新日:

 片づけてもリバウンドを繰り返し、いつも散らかっているという人は多い。原因は、その場所が自然と片づくようなルールになっていないためだ。

 片づくルールとは、「片づく動き」のことで、「処理する」「しまう」「捨てる」の3アクション。片づけ上手な人はモノを無造作にテーブルに置くことはせず、どれかを選びすぐに実行しているという。出欠ハガキはその場で返信。保管が必要な書類はファイルなど保管場所へとモノを手にした瞬間に考える。これさえ身に付ければ、片づけ上手になること請け合いだ。

 ほかにも名刺は一軍と二軍に分け、1年間連絡を取らなかったら整理する、食器棚には5分の1の空間が必要、衣類は出し入れしやすい状態にする、掃除道具はすぐ取り出せる場所に置くなど、すぐにできる46のコツを片づけ士が伝授する。(祥伝社 1400円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  5. 5

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  6. 6

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  7. 7

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  10. 10

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

もっと見る