「夫が亡くなったときに読むお金の話」内藤浩介著

公開日:  更新日:

 夫が亡くなったときにまず必要になるのが葬儀の費用。全国平均は160万円前後だが、葬儀を行わず火葬のみ行う直葬なら16万円から。ただし、葬儀社によっては直葬を受け付けていないところもある。身内だけで行う家族葬も40万円くらいからできる。

 また、夫が会社員なら、年間所得に合わせて所得税などを納めすぎている場合があるので、準確定申告をすれば取り戻せる。意外なことに、死亡退職金については就業規則に規定がない会社もあるので、確認したうえで申請することが必要。取締役以上なら弔慰金が支給されることもある。

 もしもの場合に備えて手元に置いておきたい一冊。(東洋経済新報社 1400円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る