• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「夫が亡くなったときに読むお金の話」内藤浩介著

 夫が亡くなったときにまず必要になるのが葬儀の費用。全国平均は160万円前後だが、葬儀を行わず火葬のみ行う直葬なら16万円から。ただし、葬儀社によっては直葬を受け付けていないところもある。身内だけで行う家族葬も40万円くらいからできる。

 また、夫が会社員なら、年間所得に合わせて所得税などを納めすぎている場合があるので、準確定申告をすれば取り戻せる。意外なことに、死亡退職金については就業規則に規定がない会社もあるので、確認したうえで申請することが必要。取締役以上なら弔慰金が支給されることもある。

 もしもの場合に備えて手元に置いておきたい一冊。(東洋経済新報社 1400円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  6. 6

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  7. 7

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  8. 8

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  9. 9

    高まる認可白紙の可能性 小池知事が来月迎える「敗戦の日」

  10. 10

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

もっと見る