八代英太VS.畠山みどり 事故から15年要したドロ沼裁判

公開日:  更新日:

<1975年8月>

 8月6日午後6時、畠山みどり(当時36)の自宅で突如、記者会見が開かれた。畠山は「裁判で争うことになるなんて残念です」といって唇を噛んだ。5日前、畠山は八代英太(同38)から訴訟を起こされていた。

 事件は2年前に起こった。73年6月3日、八代は愛知県刈谷市民会館で開かれていた畠山みどりショーに前座として出演した。畠山の衣装替えの間、八代は5人の有名歌手のモノマネをやることになっていた。ぴんからトリオの「女のみち」の伴奏が始まり、マイクから2、3歩下がった途端、八代の姿は舞台から消えた。セリを4.7メートルほど下げてあり、奈落にまっさかさまに落ちてしまったのだ。畠山は次の出番でそのセリに乗って舞台に登場する予定だった。

 八代は胸椎骨折と脊髄損傷の重傷。下半身不随に。そして事故から2年が経過した8月1日、刈谷市、畠山、ショーを企画した子安興行社の3者を相手取り、1億4720万円の損害賠償請求訴訟を起こした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る