八代英太VS.畠山みどり 事故から15年要したドロ沼裁判

公開日: 更新日:

<1975年8月>

 8月6日午後6時、畠山みどり(当時36)の自宅で突如、記者会見が開かれた。畠山は「裁判で争うことになるなんて残念です」といって唇を噛んだ。5日前、畠山は八代英太(同38)から訴訟を起こされていた。

 事件は2年前に起こった。73年6月3日、八代は愛知県刈谷市民会館で開かれていた畠山みどりショーに前座として出演した。畠山の衣装替えの間、八代は5人の有名歌手のモノマネをやることになっていた。ぴんからトリオの「女のみち」の伴奏が始まり、マイクから2、3歩下がった途端、八代の姿は舞台から消えた。セリを4.7メートルほど下げてあり、奈落にまっさかさまに落ちてしまったのだ。畠山は次の出番でそのセリに乗って舞台に登場する予定だった。

 八代は胸椎骨折と脊髄損傷の重傷。下半身不随に。そして事故から2年が経過した8月1日、刈谷市、畠山、ショーを企画した子安興行社の3者を相手取り、1億4720万円の損害賠償請求訴訟を起こした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  3. 3

    木村花さん死去の悲劇…視聴者はフィクションへの認識欠如

  4. 4

    同志社女子大・影山貴彦氏 エンタメは不要不急でも不可欠

  5. 5

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  6. 6

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  7. 7

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  8. 8

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

  9. 9

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

  10. 10

    軟弱地盤も…不動産高価格の東京都心・西側に浸水の可能性

もっと見る