八代英太VS.畠山みどり 事故から15年要したドロ沼裁判

公開日:  更新日:

<1975年8月>

 8月6日午後6時、畠山みどり(当時36)の自宅で突如、記者会見が開かれた。畠山は「裁判で争うことになるなんて残念です」といって唇を噛んだ。5日前、畠山は八代英太(同38)から訴訟を起こされていた。

 事件は2年前に起こった。73年6月3日、八代は愛知県刈谷市民会館で開かれていた畠山みどりショーに前座として出演した。畠山の衣装替えの間、八代は5人の有名歌手のモノマネをやることになっていた。ぴんからトリオの「女のみち」の伴奏が始まり、マイクから2、3歩下がった途端、八代の姿は舞台から消えた。セリを4.7メートルほど下げてあり、奈落にまっさかさまに落ちてしまったのだ。畠山は次の出番でそのセリに乗って舞台に登場する予定だった。

 八代は胸椎骨折と脊髄損傷の重傷。下半身不随に。そして事故から2年が経過した8月1日、刈谷市、畠山、ショーを企画した子安興行社の3者を相手取り、1億4720万円の損害賠償請求訴訟を起こした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    安倍内閣の支持率下落 “首相応援団”の世論調査で3カ月連続

もっと見る