八代英太VS.畠山みどり 事故から15年要したドロ沼裁判

公開日: 更新日:

<1975年8月>

 8月6日午後6時、畠山みどり(当時36)の自宅で突如、記者会見が開かれた。畠山は「裁判で争うことになるなんて残念です」といって唇を噛んだ。5日前、畠山は八代英太(同38)から訴訟を起こされていた。

 事件は2年前に起こった。73年6月3日、八代は愛知県刈谷市民会館で開かれていた畠山みどりショーに前座として出演した。畠山の衣装替えの間、八代は5人の有名歌手のモノマネをやることになっていた。ぴんからトリオの「女のみち」の伴奏が始まり、マイクから2、3歩下がった途端、八代の姿は舞台から消えた。セリを4.7メートルほど下げてあり、奈落にまっさかさまに落ちてしまったのだ。畠山は次の出番でそのセリに乗って舞台に登場する予定だった。

 八代は胸椎骨折と脊髄損傷の重傷。下半身不随に。そして事故から2年が経過した8月1日、刈谷市、畠山、ショーを企画した子安興行社の3者を相手取り、1億4720万円の損害賠償請求訴訟を起こした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  7. 7

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

  8. 8

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  9. 9

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  10. 10

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

もっと見る