公演中に軍刀を持った暴漢に襲われた橋幸夫

公開日: 更新日:

<1963年5月>

 橋幸夫が若手スター歌手として絶大な人気を誇った63年、ショーの最中にサーベルを持った男に襲われるという事件があった。橋は気丈に刀を掴んで暴漢に立ち向かったものの、全治2週間の大けがを負った。

 5月12日、金沢市の金沢市観光会館では「橋幸夫ショー」が開かれていた。白と黒の華やかな着物を着た橋(当時20)がフィナーレの曲の「北海の暴れん坊」を歌い終わる。

 会場の1500人のファンは歓声を上げ、色とりどりのテープがあちこちで飛び交う。舞台の緞帳(どんちょう)が下がり始めた。ちょうどその時、若い男が舞台上手に上ってくる。男は白い布袋を右脇に抱え、しばらくはステージ上に突っ立っていた。橋は「ファンのひとりが何かプレゼントを持ってきたのだろうか」と思ったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  3. 3

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  4. 4

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  5. 5

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  6. 6

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  7. 7

    何があったのか…嵐「活動休止」櫻井翔の“予告”と複雑背景

  8. 8

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  9. 9

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  10. 10

    「こりゃめでてーな」伊藤こう大が語る“破滅的”貧乏生活

もっと見る