公演中に軍刀を持った暴漢に襲われた橋幸夫

公開日:  更新日:

<1963年5月>

 橋幸夫が若手スター歌手として絶大な人気を誇った63年、ショーの最中にサーベルを持った男に襲われるという事件があった。橋は気丈に刀を掴んで暴漢に立ち向かったものの、全治2週間の大けがを負った。

 5月12日、金沢市の金沢市観光会館では「橋幸夫ショー」が開かれていた。白と黒の華やかな着物を着た橋(当時20)がフィナーレの曲の「北海の暴れん坊」を歌い終わる。

 会場の1500人のファンは歓声を上げ、色とりどりのテープがあちこちで飛び交う。舞台の緞帳(どんちょう)が下がり始めた。ちょうどその時、若い男が舞台上手に上ってくる。男は白い布袋を右脇に抱え、しばらくはステージ上に突っ立っていた。橋は「ファンのひとりが何かプレゼントを持ってきたのだろうか」と思ったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    電動車いすで店に入れず…理髪師から広がった思いやりの輪

もっと見る