公演中に軍刀を持った暴漢に襲われた橋幸夫

公開日: 更新日:

<1963年5月>

 橋幸夫が若手スター歌手として絶大な人気を誇った63年、ショーの最中にサーベルを持った男に襲われるという事件があった。橋は気丈に刀を掴んで暴漢に立ち向かったものの、全治2週間の大けがを負った。

 5月12日、金沢市の金沢市観光会館では「橋幸夫ショー」が開かれていた。白と黒の華やかな着物を着た橋(当時20)がフィナーレの曲の「北海の暴れん坊」を歌い終わる。

 会場の1500人のファンは歓声を上げ、色とりどりのテープがあちこちで飛び交う。舞台の緞帳(どんちょう)が下がり始めた。ちょうどその時、若い男が舞台上手に上ってくる。男は白い布袋を右脇に抱え、しばらくはステージ上に突っ立っていた。橋は「ファンのひとりが何かプレゼントを持ってきたのだろうか」と思ったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    抗議デモの最中に…シレッとケーキ泥棒の女の動画が人気に

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    給付金利権の闇 違法団体だったサ推協と経産省疑惑の人物

  4. 4

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  5. 5

    コロナ禍で…世界トップレベルの下着モデルが農村でバイト

  6. 6

    河野氏の野暮すぎる変節 ブルーインパルス発案明言で露呈

  7. 7

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  8. 8

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  9. 9

    “映え写真”のために手伝うフリ…身バレした女性が大炎上

  10. 10

    一人暮らしをする実母の通い介護で毎月赤字&預金減少に…

もっと見る