晩年“シベ超”でお騒がせだった水野晴郎

公開日: 更新日:

<1996年2月>

 日本テレビ「金曜ロードショー」の解説で「映画って本当にいいもんですね」の名セリフが話題だった映画解説者の水野晴郎。自ら映画製作にも乗り出し、製作・脚本・監督・出演に加え、主題歌の作詞まで手がけた映画「シベリア超特急」を96年2月に公開した。

 きっかけは50億円を投じて92年に公開された日活創立80周年記念の大作映画「落陽」。この映画で水野は自分とそっくりな陸軍大将、山下奉文を演じた。以来、山下に心酔し、研究を重ね、太平洋戦争開戦直前の41年にドイツ・イタリアの軍事施設を視察した山下がシベリア鉄道経由で帰国したことを知る。これにヒントを得た水野は帰国途中の列車内で山下が活躍する「シベリア超特急」の映画化を思いつき、製作に取り掛かった。

 製作費8000万円は自己負担。映画はまさに「やりたい放題」の作品となった。水野は「50年以上、映画を見てきた中で、好きなシーンをボクも撮ってみたかったんですよ。全部で30くらいの作品の要素が入っています」と語った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    抗議デモの最中に…シレッとケーキ泥棒の女の動画が人気に

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    給付金利権の闇 違法団体だったサ推協と経産省疑惑の人物

  4. 4

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  5. 5

    河野氏の野暮すぎる変節 ブルーインパルス発案明言で露呈

  6. 6

    コロナ禍で…世界トップレベルの下着モデルが農村でバイト

  7. 7

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  8. 8

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  9. 9

    “映え写真”のために手伝うフリ…身バレした女性が大炎上

  10. 10

    一人暮らしをする実母の通い介護で毎月赤字&預金減少に…

もっと見る