晩年“シベ超”でお騒がせだった水野晴郎

公開日:  更新日:

<1996年2月>

 日本テレビ「金曜ロードショー」の解説で「映画って本当にいいもんですね」の名セリフが話題だった映画解説者の水野晴郎。自ら映画製作にも乗り出し、製作・脚本・監督・出演に加え、主題歌の作詞まで手がけた映画「シベリア超特急」を96年2月に公開した。

 きっかけは50億円を投じて92年に公開された日活創立80周年記念の大作映画「落陽」。この映画で水野は自分とそっくりな陸軍大将、山下奉文を演じた。以来、山下に心酔し、研究を重ね、太平洋戦争開戦直前の41年にドイツ・イタリアの軍事施設を視察した山下がシベリア鉄道経由で帰国したことを知る。これにヒントを得た水野は帰国途中の列車内で山下が活躍する「シベリア超特急」の映画化を思いつき、製作に取り掛かった。

 製作費8000万円は自己負担。映画はまさに「やりたい放題」の作品となった。水野は「50年以上、映画を見てきた中で、好きなシーンをボクも撮ってみたかったんですよ。全部で30くらいの作品の要素が入っています」と語った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る