• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

晩年“シベ超”でお騒がせだった水野晴郎

<1996年2月>

 日本テレビ「金曜ロードショー」の解説で「映画って本当にいいもんですね」の名セリフが話題だった映画解説者の水野晴郎。自ら映画製作にも乗り出し、製作・脚本・監督・出演に加え、主題歌の作詞まで手がけた映画「シベリア超特急」を96年2月に公開した。

 きっかけは50億円を投じて92年に公開された日活創立80周年記念の大作映画「落陽」。この映画で水野は自分とそっくりな陸軍大将、山下奉文を演じた。以来、山下に心酔し、研究を重ね、太平洋戦争開戦直前の41年にドイツ・イタリアの軍事施設を視察した山下がシベリア鉄道経由で帰国したことを知る。これにヒントを得た水野は帰国途中の列車内で山下が活躍する「シベリア超特急」の映画化を思いつき、製作に取り掛かった。

 製作費8000万円は自己負担。映画はまさに「やりたい放題」の作品となった。水野は「50年以上、映画を見てきた中で、好きなシーンをボクも撮ってみたかったんですよ。全部で30くらいの作品の要素が入っています」と語った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  7. 7

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る