晩年“シベ超”でお騒がせだった水野晴郎

公開日:  更新日:

<1996年2月>

 日本テレビ「金曜ロードショー」の解説で「映画って本当にいいもんですね」の名セリフが話題だった映画解説者の水野晴郎。自ら映画製作にも乗り出し、製作・脚本・監督・出演に加え、主題歌の作詞まで手がけた映画「シベリア超特急」を96年2月に公開した。

 きっかけは50億円を投じて92年に公開された日活創立80周年記念の大作映画「落陽」。この映画で水野は自分とそっくりな陸軍大将、山下奉文を演じた。以来、山下に心酔し、研究を重ね、太平洋戦争開戦直前の41年にドイツ・イタリアの軍事施設を視察した山下がシベリア鉄道経由で帰国したことを知る。これにヒントを得た水野は帰国途中の列車内で山下が活躍する「シベリア超特急」の映画化を思いつき、製作に取り掛かった。

 製作費8000万円は自己負担。映画はまさに「やりたい放題」の作品となった。水野は「50年以上、映画を見てきた中で、好きなシーンをボクも撮ってみたかったんですよ。全部で30くらいの作品の要素が入っています」と語った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る