• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

会見はメディアを制限…板東英二、涙の謝罪は“猿芝居”

<雲隠れ10カ月は「カミソリ後藤田」の教え?>

 昨年12月に個人事務所が約7500万円の申告漏れを指摘され、芸能活動を休業していた板東英二(73)が10日、大阪市内のホテルで記者会見を開いた。「ごめんなさい」と頭を下げたが、脱税発覚から10カ月間にわたりマスコミの目を避け“雲隠れ”。「もっと早く謝罪できたのでは?」という報道陣の問いかけに対して、猿芝居を繰り広げた。

 そもそも、この日の会見は板東サイドが「OK」したメディアにしか案内を出しておらず、会見情報をキャッチしたメディアが大阪まで“押しかけ取材”。メディアを制限するということ自体が反省の色ゼロ。その上、「(脱税の)記事が出たのが昨年の暮れで、悶々としている間に(プロ野球の)キャンプの便りが聞こえるようになりました。野球を小さいときから一生懸命やって職業としてもプロ野球に身を置いて、僕の体の中には野球という精神が今も宿っています。修正申告したという、こんなことで選手の記事の1ページのどこかに私の記事が載るのは、本当に恥ずかしいし許せない。僕に流れている野球の血というものが……」などと珍妙な言い訳に終始。大体、板東の記事が載るとしたらプロ野球面ではなく、芸能面。「野球のせい」で会見できなかったとは笑止千万である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  3. 3

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  7. 7

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  8. 8

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

もっと見る