会見はメディアを制限…板東英二、涙の謝罪は“猿芝居”

公開日: 更新日:

<雲隠れ10カ月は「カミソリ後藤田」の教え?>

 昨年12月に個人事務所が約7500万円の申告漏れを指摘され、芸能活動を休業していた板東英二(73)が10日、大阪市内のホテルで記者会見を開いた。「ごめんなさい」と頭を下げたが、脱税発覚から10カ月間にわたりマスコミの目を避け“雲隠れ”。「もっと早く謝罪できたのでは?」という報道陣の問いかけに対して、猿芝居を繰り広げた。

 そもそも、この日の会見は板東サイドが「OK」したメディアにしか案内を出しておらず、会見情報をキャッチしたメディアが大阪まで“押しかけ取材”。メディアを制限するということ自体が反省の色ゼロ。その上、「(脱税の)記事が出たのが昨年の暮れで、悶々としている間に(プロ野球の)キャンプの便りが聞こえるようになりました。野球を小さいときから一生懸命やって職業としてもプロ野球に身を置いて、僕の体の中には野球という精神が今も宿っています。修正申告したという、こんなことで選手の記事の1ページのどこかに私の記事が載るのは、本当に恥ずかしいし許せない。僕に流れている野球の血というものが……」などと珍妙な言い訳に終始。大体、板東の記事が載るとしたらプロ野球面ではなく、芸能面。「野球のせい」で会見できなかったとは笑止千万である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  2. 2

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  3. 3

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  4. 4

    東京都「ステップ2」に移行 “第2波”危険スポットはどこだ

  5. 5

    Go To Travel“外国人も半額”デマ拡散…大慌て火消しの顛末

  6. 6

    夜の街から芸能人が消えた…マスコミ「自粛警察化」の功罪

  7. 7

    緊急事態延長で深まる親子の溝 東出昌大と重なる父の苦悩

  8. 8

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  9. 9

    フジ謝罪せず “テラハ事件”背景とトレンディー常務の責任

  10. 10

    使い道明確に…バド奥原の問題提言で露呈した悪しき慣習

もっと見る