会見はメディアを制限…板東英二、涙の謝罪は“猿芝居”

公開日:  更新日:

<雲隠れ10カ月は「カミソリ後藤田」の教え?>

 昨年12月に個人事務所が約7500万円の申告漏れを指摘され、芸能活動を休業していた板東英二(73)が10日、大阪市内のホテルで記者会見を開いた。「ごめんなさい」と頭を下げたが、脱税発覚から10カ月間にわたりマスコミの目を避け“雲隠れ”。「もっと早く謝罪できたのでは?」という報道陣の問いかけに対して、猿芝居を繰り広げた。

 そもそも、この日の会見は板東サイドが「OK」したメディアにしか案内を出しておらず、会見情報をキャッチしたメディアが大阪まで“押しかけ取材”。メディアを制限するということ自体が反省の色ゼロ。その上、「(脱税の)記事が出たのが昨年の暮れで、悶々としている間に(プロ野球の)キャンプの便りが聞こえるようになりました。野球を小さいときから一生懸命やって職業としてもプロ野球に身を置いて、僕の体の中には野球という精神が今も宿っています。修正申告したという、こんなことで選手の記事の1ページのどこかに私の記事が載るのは、本当に恥ずかしいし許せない。僕に流れている野球の血というものが……」などと珍妙な言い訳に終始。大体、板東の記事が載るとしたらプロ野球面ではなく、芸能面。「野球のせい」で会見できなかったとは笑止千万である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る