視聴率変わらず…タモリ「笑っていいとも!」引退興行は“不発”

公開日:  更新日:

 31年間続く老舗の看板を下ろすとなれば、閉店までの半年間は“さよならセール”で大賑わい――。そんなもくろみが見事に崩れ去った。22日の番組内で突然、来年3月いっぱいでの番組終了を発表したタモリ(68)の「笑っていいとも!」(フジテレビ)。

 ところが、視聴率は打ち切りを発表した当日が5.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区。以下同)。翌日以降も23日(5.8%)、24日(5.8%)、25日(5.8%)。週が明けた28日も5.1%と鳴かず飛ばず……。閉店のご祝儀を期待していたフジテレビにとっては痛恨の展開になっている。

「半年前に発表したのはこれからラストまで番組を盛り上げて、裏番組をキャンと言わせるため。それがこの数字では。結局、普段から見ている人しか『いいとも』を見ていないし、関心もないということが証明されてしまいました」(テレビ関係者)

 幕引き前のテコ入れが必要だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    CS進出の可能性も…DeNAラミレス監督“オリックス就活”情報

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  8. 8

    明々白々…アベシンゾー氏の夢は「大日本帝国をもう一度」

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

もっと見る