• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

視聴率変わらず…タモリ「笑っていいとも!」引退興行は“不発”

 31年間続く老舗の看板を下ろすとなれば、閉店までの半年間は“さよならセール”で大賑わい――。そんなもくろみが見事に崩れ去った。22日の番組内で突然、来年3月いっぱいでの番組終了を発表したタモリ(68)の「笑っていいとも!」(フジテレビ)。

 ところが、視聴率は打ち切りを発表した当日が5.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区。以下同)。翌日以降も23日(5.8%)、24日(5.8%)、25日(5.8%)。週が明けた28日も5.1%と鳴かず飛ばず……。閉店のご祝儀を期待していたフジテレビにとっては痛恨の展開になっている。

「半年前に発表したのはこれからラストまで番組を盛り上げて、裏番組をキャンと言わせるため。それがこの数字では。結局、普段から見ている人しか『いいとも』を見ていないし、関心もないということが証明されてしまいました」(テレビ関係者)

 幕引き前のテコ入れが必要だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  7. 7

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  10. 10

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

もっと見る