フジテレビ激震 「いいとも!」タモリの次は小倉智昭、安藤優子…

公開日: 更新日:

 82年10月の放送開始から31年、タモリ(68)の「笑っていいとも!」がついに来年3月いっぱいで終了する。フジテレビ広報は「編成上の理由」と言うが、のっぴきならない“会社の事情”があるようだ。

「年間5億円ともいわれるタモさんの高額ギャラがネックになったという話もありますが、カネは大した問題ではない。フジサンケイグループの連結売上高は6320億円、他局を大きく引き離している。やはり一番の問題は視聴率低迷で、『文芸春秋』10月号に載った日枝久会長(75)のインタビューが全社的に響いていますね。“天皇”の言葉は絶対ですから」(フジテレビ関係者)

 フジは視聴率で日本テレビ、テレビ朝日に抜かれ、昨年から3位に転落している。日枝会長は誌上で〈テレビはグループの中核。視聴率が下がると、外から「あそこは元気がない」と言われる〉〈ここらで手を入れないとまずい〉〈金属疲労が見えてきた〉などと話していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  5. 5

    ジャニーズ事務所<2>アイドルも経営陣も世代交代の転換期

  6. 6

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  7. 7

    栗山監督が上機嫌で 日ハム輝星「開幕3戦目先発」に現実味

  8. 8

    ジャニーズ事務所<1>スキを見せない「帝国」に生じた軋み

  9. 9

    賃金偽装 厚労省キーマン「官邸の圧力」否定は矛盾だらけ

  10. 10

    「きっかけは私」島袋寛子が匂わせたSPEED解散“複雑理由”

もっと見る