沢尻エリカ「いい子キャラ」に違和感 トゲが抜けたら華も消えた

公開日:  更新日:

「別に……」の頃の鼻っ柱の強さを隠したら、別にどうでもいい女優になってしまった。文化庁芸術祭参加作品「時計屋の娘」で主演した沢尻エリカ(27)。自ら「久しぶりのいい子キャラ」と話していたように、東日本大震災で母を亡くしながら、けなげに頑張る娘を演じた。これがどうにもハマらなかったのだ。

 視聴率は12.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と及第点。父親であることを期待される時計職人役の國村隼(58)も、いい味を出していた。ただ、主演の沢尻は低調だったのである。

「視聴者は6年前の“別に”の騒動で彼女の本性を知りました。最近はバラエティー番組で、“あの頃は幼かった”などと釈明していますが、みんな“悪のエリカ”を知っています。いまさら、本当は気さくで明るいんだとアピールされても、シラけるばかり。病気と闘う純粋な女子高生を演じたフジテレビのドラマ『1リットルの涙』(05年)では輝きを放ちました。でも、当時とは違う。どうしても生意気な映像がフラッシュバックしてきて、見る側が“いい子役の沢尻”に感情移入ができなくなっているのです」(コラムニストの桧山珠美氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る