1月放送が5本! 警察ドラマで占うテレビ局の2014年

公開日: 更新日:

「戦力外捜査官」(日本テレビ系)
「隠蔽捜査」(TBS系)
「S―最後の警官―」(TBS系)
「緊急取調室」(テレビ朝日系)
「福家警部補の挨拶」(フジテレビ系)

 よくまあ、これだけ警察ドラマがそろったもんだ。いずれも来年1月からゴールデンタイムで放送される予定。

「水谷豊主演の『相棒』シリーズのように、警察ドラマは安定した数字が期待できます。だから各局こぞって放送するわけですが、視聴者が求めているのはドンパチではなくて、人間ドラマ。いい脚本と、確かな演技力がなければ、お話になりません。今年のドラマで平均視聴率13%以上を取ったのは、ほぼ30代以上の大人向け。ジャニーズのアイドルが主演するような幼いドラマは不発続きです」(在京キー局関係者)

「戦力外」は、演出家の鴻上尚史が連ドラの脚本に初挑戦。期待が高まるが、共演のEXILEのTAKAHIROが武闘派イケメン刑事を演じるという発想が「古すぎます」(放送作家)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    想像を超える民意の「ノー」に安倍政権は青ざめている<上>

  2. 2

    孤独なホームレス男性の最期を看取った女性警官の愛は無償

  3. 3

    N国議席獲得で古谷経衡氏が指摘「常識が溶けていく恐怖」

  4. 4

    参議院選挙の最大の敗者は「事実」という深刻な事態

  5. 5

    山本太郎らが試算 消費税ゼロで「賃金44万円アップ」の根拠

  6. 6

    8年かけて高校を卒業…同級生の“無音”の拍手に校長も感動

  7. 7

    ALS患者の舩後氏当選で 議事堂が迫られる改修と慣習の刷新

  8. 8

    伊調敗北は“忖度判定”か…代表決定戦で新たな火種が表面化

  9. 9

    れいわ奇跡の躍進 山本太郎「政権を狙いに行く」の現実味

  10. 10

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る