• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

1月放送が5本! 警察ドラマで占うテレビ局の2014年

「戦力外捜査官」(日本テレビ系)
「隠蔽捜査」(TBS系)
「S―最後の警官―」(TBS系)
「緊急取調室」(テレビ朝日系)
「福家警部補の挨拶」(フジテレビ系)

 よくまあ、これだけ警察ドラマがそろったもんだ。いずれも来年1月からゴールデンタイムで放送される予定。

「水谷豊主演の『相棒』シリーズのように、警察ドラマは安定した数字が期待できます。だから各局こぞって放送するわけですが、視聴者が求めているのはドンパチではなくて、人間ドラマ。いい脚本と、確かな演技力がなければ、お話になりません。今年のドラマで平均視聴率13%以上を取ったのは、ほぼ30代以上の大人向け。ジャニーズのアイドルが主演するような幼いドラマは不発続きです」(在京キー局関係者)

「戦力外」は、演出家の鴻上尚史が連ドラの脚本に初挑戦。期待が高まるが、共演のEXILEのTAKAHIROが武闘派イケメン刑事を演じるという発想が「古すぎます」(放送作家)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  3. 3

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

  10. 10

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

もっと見る