1月放送が5本! 警察ドラマで占うテレビ局の2014年

公開日: 更新日:

「戦力外捜査官」(日本テレビ系)
「隠蔽捜査」(TBS系)
「S―最後の警官―」(TBS系)
「緊急取調室」(テレビ朝日系)
「福家警部補の挨拶」(フジテレビ系)

 よくまあ、これだけ警察ドラマがそろったもんだ。いずれも来年1月からゴールデンタイムで放送される予定。

水谷豊主演の『相棒』シリーズのように、警察ドラマは安定した数字が期待できます。だから各局こぞって放送するわけですが、視聴者が求めているのはドンパチではなくて、人間ドラマ。いい脚本と、確かな演技力がなければ、お話になりません。今年のドラマで平均視聴率13%以上を取ったのは、ほぼ30代以上の大人向け。ジャニーズのアイドルが主演するような幼いドラマは不発続きです」(在京キー局関係者)

「戦力外」は、演出家の鴻上尚史が連ドラの脚本に初挑戦。期待が高まるが、共演のEXILEのTAKAHIROが武闘派イケメン刑事を演じるという発想が「古すぎます」(放送作家)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    埼玉県あっという間に医療崩壊の危機…小池氏再選の大迷惑

  2. 2

    PCR検査=反日の原因分析 「おはよう日本」はNHKの希望だ

  3. 3

    公明党の「小池離れ」と「自民優先」で都政は立ち往生必至

  4. 4

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  5. 5

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    東京女子医大看護師 感染リスク覚悟で対応もボーナスゼロ

  8. 7

    <1>戦略家の大統領補佐官が「暴露本」を書いた重大な意味

  9. 8

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  10. 9

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  11. 10

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

もっと見る