• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

1月放送が5本! 警察ドラマで占うテレビ局の2014年

「戦力外捜査官」(日本テレビ系)
「隠蔽捜査」(TBS系)
「S―最後の警官―」(TBS系)
「緊急取調室」(テレビ朝日系)
「福家警部補の挨拶」(フジテレビ系)

 よくまあ、これだけ警察ドラマがそろったもんだ。いずれも来年1月からゴールデンタイムで放送される予定。

「水谷豊主演の『相棒』シリーズのように、警察ドラマは安定した数字が期待できます。だから各局こぞって放送するわけですが、視聴者が求めているのはドンパチではなくて、人間ドラマ。いい脚本と、確かな演技力がなければ、お話になりません。今年のドラマで平均視聴率13%以上を取ったのは、ほぼ30代以上の大人向け。ジャニーズのアイドルが主演するような幼いドラマは不発続きです」(在京キー局関係者)

「戦力外」は、演出家の鴻上尚史が連ドラの脚本に初挑戦。期待が高まるが、共演のEXILEのTAKAHIROが武闘派イケメン刑事を演じるという発想が「古すぎます」(放送作家)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  3. 3

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  4. 4

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  5. 5

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  6. 6

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  7. 7

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

  10. 10

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

もっと見る