【女優の偏差値】釈由美子は高校時代、メガネっ子の秀才だった

公開日:  更新日:

 ネットで整形疑惑を取り沙汰されたり、週刊誌で通い妻と書かれたり、このところ、ちょっぴり元気がなさそうな釈由美子(35)。デビュー当時は「ちっちゃいオジサンを見た」という不思議ちゃんキャラで売っていたが、彼女は高校時代、秀才だったというから驚きだ。

 卒業したのは偏差値70の吉祥女子高(東京都)。東大合格者は毎年3、4人程度だが、早稲田は80人前後、慶応、上智も30人程度が合格している。かつて釈は、当時のことを本紙にこう語っている。

「引っ込み思案で人前に出るのが苦手。勉強しか出来ないから、メガネをかけて勉強ばかりしてました」

 そのまま行けば、早慶あたりはラクに入れたろうに、どういうわけか学習院女子短大に進んだ。

 そういえば、釈は何年か前、「うつ病にかかっていた」と告白したことがある。もともとメンタル面では弱いところがあるようだ。高校時代もメンタルに関わる何かがあったのか。そう思うと、最近の元気のなさも心配になってくる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る