【女優の偏差値】釈由美子は高校時代、メガネっ子の秀才だった

公開日: 更新日:

 ネットで整形疑惑を取り沙汰されたり、週刊誌で通い妻と書かれたり、このところ、ちょっぴり元気がなさそうな釈由美子(35)。デビュー当時は「ちっちゃいオジサンを見た」という不思議ちゃんキャラで売っていたが、彼女は高校時代、秀才だったというから驚きだ。

 卒業したのは偏差値70の吉祥女子高(東京都)。東大合格者は毎年3、4人程度だが、早稲田は80人前後、慶応、上智も30人程度が合格している。かつて釈は、当時のことを本紙にこう語っている。

「引っ込み思案で人前に出るのが苦手。勉強しか出来ないから、メガネをかけて勉強ばかりしてました」

 そのまま行けば、早慶あたりはラクに入れたろうに、どういうわけか学習院女子短大に進んだ。

 そういえば、釈は何年か前、「うつ病にかかっていた」と告白したことがある。もともとメンタル面では弱いところがあるようだ。高校時代もメンタルに関わる何かがあったのか。そう思うと、最近の元気のなさも心配になってくる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    旧統一教会「教会改革」会見に“テッシー”登場! 勅使河原秀行氏の変わり様にネット沸く

    旧統一教会「教会改革」会見に“テッシー”登場! 勅使河原秀行氏の変わり様にネット沸く

  2. 2
    旧統一教会が“金欠”に…最大の収入減「合同結婚式」参加者激減、大慌てで希望者募る

    旧統一教会が“金欠”に…最大の収入減「合同結婚式」参加者激減、大慌てで希望者募る

  3. 3
    伊達公子氏がブログで公表 大坂なおみに大先輩の「苦言」は届いているのか?

    伊達公子氏がブログで公表 大坂なおみに大先輩の「苦言」は届いているのか?

  4. 4
    岸田首相「国連演説」で冷や水浴びる…会場ガラガラ、スピーチも“二番煎じ”で居眠り続出

    岸田首相「国連演説」で冷や水浴びる…会場ガラガラ、スピーチも“二番煎じ”で居眠り続出

  5. 5
    沢田研二・田中裕子夫妻に「売れへん夫婦漫才のおもろないネタ」を頼まれ、さらに指導まで

    沢田研二・田中裕子夫妻に「売れへん夫婦漫才のおもろないネタ」を頼まれ、さらに指導まで

  1. 6
    巨人・坂本の“中絶トラブル”をスポーツメディア完全スルー…自粛と忖度で自壊ますます加速

    巨人・坂本の“中絶トラブル”をスポーツメディア完全スルー…自粛と忖度で自壊ますます加速

  2. 7
    旧統一教会会見での激昂ぶりに視聴者もドン引き…福本修也弁護士ってどんな人?

    旧統一教会会見での激昂ぶりに視聴者もドン引き…福本修也弁護士ってどんな人?

  3. 8
    五輪汚職で新展開か? スポンサー不正とは別ルートの“森利権”に東京地検特捜部が熱視線

    五輪汚職で新展開か? スポンサー不正とは別ルートの“森利権”に東京地検特捜部が熱視線

  4. 9
    「プーチンに弾丸を用意しています」2012年ミス・アースのファイナリストが軍隊入り

    「プーチンに弾丸を用意しています」2012年ミス・アースのファイナリストが軍隊入り

  5. 10
    山際大臣は窮地…また新たな旧統一教会との“接点”発覚で臨時国会前に「更迭1号」か?

    山際大臣は窮地…また新たな旧統一教会との“接点”発覚で臨時国会前に「更迭1号」か?