【女優の偏差値】釈由美子は高校時代、メガネっ子の秀才だった

公開日: 更新日:

 ネットで整形疑惑を取り沙汰されたり、週刊誌で通い妻と書かれたり、このところ、ちょっぴり元気がなさそうな釈由美子(35)。デビュー当時は「ちっちゃいオジサンを見た」という不思議ちゃんキャラで売っていたが、彼女は高校時代、秀才だったというから驚きだ。

 卒業したのは偏差値70の吉祥女子高(東京都)。東大合格者は毎年3、4人程度だが、早稲田は80人前後、慶応、上智も30人程度が合格している。かつて釈は、当時のことを本紙にこう語っている。

「引っ込み思案で人前に出るのが苦手。勉強しか出来ないから、メガネをかけて勉強ばかりしてました」

 そのまま行けば、早慶あたりはラクに入れたろうに、どういうわけか学習院女子短大に進んだ。

 そういえば、釈は何年か前、「うつ病にかかっていた」と告白したことがある。もともとメンタル面では弱いところがあるようだ。高校時代もメンタルに関わる何かがあったのか。そう思うと、最近の元気のなさも心配になってくる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    これぞ教育!帽子を脱がない校則違反の男子生徒に校長は…

  3. 3

    小室哲哉カネと女で晩節汚し…推定資産1000億円からの転落

  4. 4

    落合監督の「虫けらノック」で井端、荒木、森野は成長した

  5. 5

    ホリエモンがひろゆきに絶縁宣言 2人の対談連載は終了か?

  6. 6

    小池知事「4都県 2週間延長」巡り3知事を“騙し討ち”の姑息

  7. 7

    久美子氏が「従業員持株会」に宛てた“圧力”メールの中身

  8. 8

    落合監督は首脳陣と選手の食事会場を分け酒の差し入れも

  9. 9

    「オレ流」落合監督の入閣打診 早すぎる前々年12月だった

  10. 10

    総務省に新疑惑!東北新社に「脱法スキーム」指南の可能性

もっと見る