日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「あれ、太った?」「本人か」 篠田麻里子の“変化”に厳しい声

 元AKB48の篠田麻里子(27)に「まじか!」「誰だか分からなかった」と驚嘆の声が相次いでいる。

 6日に放送された「人生が変わる1分間の深イイ話」(日本テレビ系)に出演していたのだが、ウエストはほっそりしているのに、顔は以前と比べてふっくら。篠田の公称サイズは身長168センチ、B87・W57・H85。AKB時代はメンバーきってのスレンダーボディーが売りだっただけに、ファンの反響は小さくないようだ。

 ネット上では、<あれ?太ったな><まじか! まさかと思ったら本当にマリちゃんだったか><篠田そっくりが売りなグラビアかと思ったら本人でビックリ><誰だか分からなかった>といったコメントが次々に書き込まれている。<疲れてるの?>なんて心配する声もチラホラ。

 篠田は女性ファッション誌の専属モデルを務めているが、服装も散々な言われようだ。ニット帽にヘソ丸出しの黒タートル、巨大なパール風ジュエリーを大量にあしらった白と黒の縦じまジャケット、ジーンズの組み合わせで、<これはモデルとしてOK?><オシャレをこじらせるとこうなる典型的な例か>と厳しい声……。

 2014年は微妙な滑り出しになってしまったようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事