前田敦子の泥酔騒動…話題の“個室合コン現場”は凄かった

公開日: 更新日:

 元AKB48のセンター、前田敦子(21)の合コン泥酔報道。あられもない姿にはファンじゃなくても驚いたが、合コン現場も話題になっている。東京・麻布十番の高級カラオケカフェだ。

 ネット上には店のHPを見たファンからの、「室内にシャワーがついているぞ!」「ソファというより、ベッドじゃないか」「これはエロすぎる」という悲鳴に似た書き込みがあふれている。

 実際、この店は芸能人やセレブの間で「お忍びデートや合コンに最適」と知られた存在だ。

「過去にもここで合コンをした有名人が週刊誌に撮られたことがあります。店の2階にはズバリ、『ホテル』と名付けられたVIPルームが3室あり、バスルームまで付いている。前田の合コン現場も、そのうちの一室。経営者が元『モー娘。』の加護亜依の夫であることも業界では有名です」(芸能関係者)

 “国民的アイドル”があんなに乱れてしまうとは、一体、どれほど楽しい店なのか。本紙記者も潜入してみると……。

 黒服の店員に案内されたのは、レッドカーペットが敷かれた上り階段。天井にはシャンデリアが吊るされている。リゾートホテルのロビーのような2階廊下に出ると、左右に個室。曲がった先にも複数の部屋がある。

 この日は、「ホテル」2部屋が予約で満室。残り1室の料金を聞いたら、なんと1時間2万6000円! 普通の部屋をチョイスしても、値段は1時間7000円だった。

 室内は毛足の長いフカフカのじゅうたん。備え付けのスリッパに履き替えてくつろぐ。外から室内はほぼ見えないつくりで、プライバシーへの配慮もバッチリだ。

 圧巻は、たたみ2畳分ほどありそうな巨大なL字形ソファ。「あっちゃんと寝ながら歌いたいなあ」と妄想しつつ、飲食メニューを見ると、再び仰天! 1本420万円もするロマネ・コンティ(94年)が当たり前のように載っていた。セレブはポンッと開けちゃうんだろうなあ。

 前田がメロメロ、ベロベロになるのもうなずける。一度でいいから、こんな店でアイドルと合コンがしたい!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

  2. 2
    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

  3. 3
    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

  4. 4
    上田美由紀死刑囚が獄中死前に見せていた異変…文通を続けたライターに八つ当たり

    上田美由紀死刑囚が獄中死前に見せていた異変…文通を続けたライターに八つ当たり

  5. 5
    侍J宮崎合宿は大谷らメジャー選手全員不参加の危機…日本側が億単位の巨額保険料負担に

    侍J宮崎合宿は大谷らメジャー選手全員不参加の危機…日本側が億単位の巨額保険料負担に

  1. 6
    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

  2. 7
    全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱

    全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱

  3. 8
    三浦瑠麗はバカとデマゴーグの「ハイブリッド型」 メディアはなぜ使い続けるのか

    三浦瑠麗はバカとデマゴーグの「ハイブリッド型」 メディアはなぜ使い続けるのか

  4. 9
    冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

    冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

  5. 10
    社民党・福島みずほ党首に上から目線 三浦瑠麗氏の発言に強烈な違和感

    社民党・福島みずほ党首に上から目線 三浦瑠麗氏の発言に強烈な違和感