小学館辞めて芸能界へ “美人すぎる編集者”坪井安奈の覚悟

公開日: 更新日:

「おら、アイドルになりてぇ!」
 こう叫んで北三陸の海を飛び出したのは「あまちゃん」の主人公・天野アキ。神保町でそう叫んだかどうかはともかく、今回は、芸能界を目指して出版大手「小学館」を飛び出した異色のタレント坪井安奈を直撃した――。

「両親には猛反対されました。でも、もう25歳。やりたいことをやろうと思ったんです」

 吹っ切れた表情で語るのは坪井安奈(25)。昨年末に新卒で就職した小学館を退職。入社試験の倍率が軽く100倍を超える出版大手をわずか1年9カ月でソデにしてしまった。たしかに、編集者としては“美人過ぎる”。でも、なぜ芸能界に?

「去年の11月で25歳になった時に“もう時間がない”という焦りに駆られまして。周りに相談したら決意が揺らぐと思って自分で決めました。退社理由は仕事が嫌だったとかセクハラとかではありません(笑い)。私は学生時代にテレビでリポーターや番組アシスタントという表側の仕事を経験させてもらい、小学館では編集者として裏方の仕事を経験しました。そして、欲張りな私が思ったのが両方やりたい(笑い)。昔から母に“チャンスの神様には前髪しかない。後ろ髪はないから掴めない”と言われていたので決めたら一直線でした。退職願を書いているときはさすがに手が震えましたけど」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK大河「いだてん」大コケでわかった ドラマとは主役次第

  2. 2

    李柄輝氏が語る朝鮮の原則「米国が提案蹴れば行動に移る」

  3. 3

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  4. 4

    朝から晩までピエール瀧 おかげで安倍悪辣政権が6年安泰

  5. 5

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  6. 6

    フジ月9の“復活”を占う 錦戸亮「トレース」最終回の視聴率

  7. 7

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  8. 8

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  9. 9

    また偽装発覚…安倍首相が施政方針演説で巧みな“錯覚工作”

  10. 10

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

もっと見る