小学館辞めて芸能界へ “美人すぎる編集者”坪井安奈の覚悟

公開日:  更新日:

「おら、アイドルになりてぇ!」
 こう叫んで北三陸の海を飛び出したのは「あまちゃん」の主人公・天野アキ。神保町でそう叫んだかどうかはともかく、今回は、芸能界を目指して出版大手「小学館」を飛び出した異色のタレント坪井安奈を直撃した――。

「両親には猛反対されました。でも、もう25歳。やりたいことをやろうと思ったんです」

 吹っ切れた表情で語るのは坪井安奈(25)。昨年末に新卒で就職した小学館を退職。入社試験の倍率が軽く100倍を超える出版大手をわずか1年9カ月でソデにしてしまった。たしかに、編集者としては“美人過ぎる”。でも、なぜ芸能界に?

「去年の11月で25歳になった時に“もう時間がない”という焦りに駆られまして。周りに相談したら決意が揺らぐと思って自分で決めました。退社理由は仕事が嫌だったとかセクハラとかではありません(笑い)。私は学生時代にテレビでリポーターや番組アシスタントという表側の仕事を経験させてもらい、小学館では編集者として裏方の仕事を経験しました。そして、欲張りな私が思ったのが両方やりたい(笑い)。昔から母に“チャンスの神様には前髪しかない。後ろ髪はないから掴めない”と言われていたので決めたら一直線でした。退職願を書いているときはさすがに手が震えましたけど」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る