日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

おさるの元相方・コアラは「芸能プロ社長」に転身していた

 タモリの司会で1992年から足かけ8年続いた「ボキャブラ天国」(フジテレビ系)。新人の登竜門といわれ、爆笑問題やキャイ~ンもここから巣立った。きょう登場のコアラさんはお笑いコンビ「アニマル梯団」で、同番組でブレーク。また、現参院議員の三原じゅん子との結婚で話題になった。今どうしているのか。

「一昨年11月に芸能事務所の『Coalaプロモーション』を立ち上げ、代表取締役に就きました。所属タレントのマネジメントが今の仕事です」

 都内赤坂のカフェで会ったコアラさん、こう言って名刺を差し出した。おお、オフィスは銀座7丁目じゃないか。

「ハハハ、事務所が銀座にあるだけで信用度が違うんですよ。ウチのタレントは企業さまや商店街、ショッピングモールなどでのイベント出演をメーンにやってます。殺陣パフォーマンスの『山葵』は大阪を拠点にしてて、セールスで関西方面に出向く機会も多いですね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事