“和製コマネチ”の前例も…田中理恵タレント転身を危ぶむ声

公開日:  更新日:

「ブラジルの人、聞こえますか~?」

 21日放送の「嵐にしやがれクリスマス90分拡大スペシャル」(日本テレビ系)でこう叫んだのは、サバンナの八木ではない。体操元日本代表の田中理恵(26)だ。

 引退後初のバラエティー出演とは思えないノリの良さで、23日には「世界まるみえ!テレビ特捜部 クリスマスの夜に事件です! 謎解きミステリー生放送3時間15分SP!」(日テレ系)にも出演。引退を発表した16日から1週間足らずで2本のバラエティーに出演する売れっ子ぶりだ。

 6歳のときに体操を始め、競技生活20年。寝ても覚めてもクリスマスも正月も体操漬けの毎日だった田中にとって、華やかな芸能界は楽しくて仕方がないだろう。

 人生で“初めてのオフ”に浮かれる気持ちも分かるが、田中はタレントに転身せず、日体大の教員として後進の指導にあたるはずではなかったのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  7. 7

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  10. 10

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

もっと見る