自伝に書かれた思い出もニセモノ…佐村河内氏の“偽り人生”

公開日:  更新日:

 何だか、松本清張の「砂の器」みたいだ。ゴーストライター騒動の佐村河内守(50)のペテンが底なしになってきた。作曲だけでなく、経歴もウソで塗り固めていたのである。

 日本音楽著作権協会が管理している佐村河内名義の楽曲は103曲。
「実際にはその半数が、ゴーストライターだった桐朋学園大非常勤講師の新垣隆氏(43)の手によるものとみられている。新垣氏は20曲以上と言っていましたが、そんなもんじゃありません」(同協会事情通)
 作曲もウソ、全聾(ぜんろう)もウソ、それどころか幼い頃の“思い出”まで他人から拝借していた。

 自叙伝「交響曲第一番闇の中の小さな光」によると、佐村河内は4歳の誕生日に、地元でピアノ教室をしていた母親から入門書「赤バイエル」をプレゼントされ、厳しいピアノレッスンを受けたという。ミスタッチすれば即座に手を叩かれたと書かれているが、これも新垣氏の過去の体験をなぞったものだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る