自伝に書かれた思い出もニセモノ…佐村河内氏の“偽り人生”

公開日:  更新日:

 何だか、松本清張の「砂の器」みたいだ。ゴーストライター騒動の佐村河内守(50)のペテンが底なしになってきた。作曲だけでなく、経歴もウソで塗り固めていたのである。

 日本音楽著作権協会が管理している佐村河内名義の楽曲は103曲。
「実際にはその半数が、ゴーストライターだった桐朋学園大非常勤講師の新垣隆氏(43)の手によるものとみられている。新垣氏は20曲以上と言っていましたが、そんなもんじゃありません」(同協会事情通)
 作曲もウソ、全聾(ぜんろう)もウソ、それどころか幼い頃の“思い出”まで他人から拝借していた。

 自叙伝「交響曲第一番闇の中の小さな光」によると、佐村河内は4歳の誕生日に、地元でピアノ教室をしていた母親から入門書「赤バイエル」をプレゼントされ、厳しいピアノレッスンを受けたという。ミスタッチすれば即座に手を叩かれたと書かれているが、これも新垣氏の過去の体験をなぞったものだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る