日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

弟にも水あけられた…“山口百恵の長男”三浦祐太朗の正念場

「母からのメールは喜んでいるふうの絵文字でした」
 こう話したのは、三浦友和(62)と山口百恵(55)の長男で、歌手の三浦祐太朗(29)。阿木燿子(68)プロデュース、宇崎竜童(67)が音楽監修する舞踊劇「FLAMENCO 曽根崎心中」(4月2~6日、新国立劇場)で、主役・徳兵衛の歌を担当。初のフラメンコにして、「全体の歌詞パートの3割を担う」(関係者)大役に抜擢されたのだ。

 20日に開かれた公開稽古。囲み取材では宇崎の横に立ち、ややキンチョーした面持ちだったが、阿木・宇崎夫妻と山口百恵といえば、ヒット曲を連発した盟友関係。祐太朗の起用には「親の七光」という声も聞こえてくるが、宇崎は、「CDを聴いていい声だなと思ったら、たまたま百恵さんの息子だった。百恵さんと同じ情念の世界を感じた。血筋なんでしょう」とベタ褒め。百恵さんも冒頭のメールのような母の顔をのぞかせた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事