慶大生の自殺教唆事件でダウンタウン浜田がトバッチリ!?

公開日:  更新日:

 交際中の女性に「お願いだから死んでくれ」などと無料通信アプリLINEのメッセージを送り、自殺をそそのかしたとして、21歳の現役慶大生が自殺教唆の疑いで警視庁に逮捕された。

 同じ慶大で交際していた21歳女性は、LINEで「死んでくれ」と言われたその翌朝、本当に自宅マンションの8階のベランダから飛び降り自殺してしまったというから痛ましい話だ。

 実は、この事件でトバッチリを受けている大物芸人がいる。ダウンタウンの浜田雅功(50)だ。

「ネット上に『じゃあ、ダウンタウンの浜田はどうなるんだ』などと、チラホラ書き込まれているようです。浜田の『死ねばいいのに』というギャグのことを指しているんでしょう」(テレビ局関係者)

 確かに、品はよろしくない。公共の電波に乗せるのはいかがなものか、という気もする。聞く人によっては、「いったい、何様のつもりなんだ?」と不快感さえ抱くだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

もっと見る