慶大生の自殺教唆事件でダウンタウン浜田がトバッチリ!?

公開日: 更新日:

 交際中の女性に「お願いだから死んでくれ」などと無料通信アプリLINEのメッセージを送り、自殺をそそのかしたとして、21歳の現役慶大生が自殺教唆の疑いで警視庁に逮捕された。

 同じ慶大で交際していた21歳女性は、LINEで「死んでくれ」と言われたその翌朝、本当に自宅マンションの8階のベランダから飛び降り自殺してしまったというから痛ましい話だ。

 実は、この事件でトバッチリを受けている大物芸人がいる。ダウンタウンの浜田雅功(50)だ。

「ネット上に『じゃあ、ダウンタウンの浜田はどうなるんだ』などと、チラホラ書き込まれているようです。浜田の『死ねばいいのに』というギャグのことを指しているんでしょう」(テレビ局関係者)

 確かに、品はよろしくない。公共の電波に乗せるのはいかがなものか、という気もする。聞く人によっては、「いったい、何様のつもりなんだ?」と不快感さえ抱くだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK大河「いだてん」大コケでわかった ドラマとは主役次第

  2. 2

    李柄輝氏が語る朝鮮の原則「米国が提案蹴れば行動に移る」

  3. 3

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  4. 4

    朝から晩までピエール瀧 おかげで安倍悪辣政権が6年安泰

  5. 5

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  6. 6

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  7. 7

    フジ月9の“復活”を占う 錦戸亮「トレース」最終回の視聴率

  8. 8

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  9. 9

    また偽装発覚…安倍首相が施政方針演説で巧みな“錯覚工作”

  10. 10

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

もっと見る