慶大生の自殺教唆事件でダウンタウン浜田がトバッチリ!?

公開日: 更新日:

 交際中の女性に「お願いだから死んでくれ」などと無料通信アプリLINEのメッセージを送り、自殺をそそのかしたとして、21歳の現役慶大生が自殺教唆の疑いで警視庁に逮捕された。

 同じ慶大で交際していた21歳女性は、LINEで「死んでくれ」と言われたその翌朝、本当に自宅マンションの8階のベランダから飛び降り自殺してしまったというから痛ましい話だ。

 実は、この事件でトバッチリを受けている大物芸人がいる。ダウンタウン浜田雅功(50)だ。

「ネット上に『じゃあ、ダウンタウンの浜田はどうなるんだ』などと、チラホラ書き込まれているようです。浜田の『死ねばいいのに』というギャグのことを指しているんでしょう」(テレビ局関係者)

 確かに、品はよろしくない。公共の電波に乗せるのはいかがなものか、という気もする。聞く人によっては、「いったい、何様のつもりなんだ?」と不快感さえ抱くだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  2. 2

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  3. 3

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

  4. 4

    小山田圭吾が一生涯背負う“十字架”と本当の謝罪 障害者の父親は「謝っても許されない」と強い憤り

  5. 5

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  6. 6

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  7. 7

    菅首相がファイザーCEOを国賓級おもてなし ワクチン枯渇“土下座交渉”も思惑また外れ…

  8. 8

    菅首相の五輪強行がトドメか?衆院選まさかの「自公過半数割れ」に現実味

  9. 9

    東京五輪入場行進にドラクエのテーマが…作曲家は”安倍応援団” 過去にはLGBT巡り物議醸す発言

  10. 10

    組織委の露骨な人種差別発覚! アフリカ人パフォーマーの開会式出演を排除していた

もっと見る