• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ホリエモンも版元も…ゴーストライター疑惑に「沈黙」のなぜ

 11日、「ホリエモン」こと堀江貴文氏(41)が都内で開かれた「Leap Motionスペシャルイベント」のトークショーに出席。Leap Motion社のCEO、マイケル・バックワルド氏とのトークショーに参加したが、ゴーストライター問題については語らなかった。

 漫画家の佐藤秀峰氏(40)が7日付のブログで、堀江氏の著書として出版された小説「拝金」と「成金」はゴーストライターによって書かれたと言及。佐村河内ネタと自身の作品に関わったスタッフの批判をした後、こう記した。

「この作品では、一般的に堀江さんが文章を書いているかのようなイメージがありますが、実際には堀江さんは文章を書いていません。代筆者がいるとのこと。カバーイラスト執筆後、ご本人や担当編集者からそのようなお話をお聞きした記憶があったのですが、そのことがずっと心に引っかかっていました。今回、版元の徳間書店の担当編集者に確認した所、話を聞いた時期に認識のズレがあったものの、代筆の事実については認めていただきました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    ベトナムに完封負けも…森保U-21代表は優勝候補の韓国回避

もっと見る