厳戒警備手配も自力? 佐村河内氏会見に「仕掛け人」の影

公開日: 更新日:

 ゴーストライター新垣隆氏の「衝撃の告白」から1カ月。佐村河内氏は「横浜スタジアム前の東横イン」を皮切りに、横浜市内のホテルを転々としていたという。

 この間、代理人の弁護士2人を解任。その理由について、佐村河内氏はこう説明した。

「(ソチ五輪で楽曲を提供した)高橋大輔選手の(競技の)タイミングの前に、こういう場を設けたかったが、(弁護士は)<今やるべきではない。騒ぎが大きくなる>と意見が分かれた。私は早く謝罪したかった」

 それならば、どうして弁護士解任の直後に会見を開かなかったのか。このように彼の弁明には、いくつもの矛盾がみられる。

■張り込みの目を逃れ…

 トレードマークのサングラスを外し、杖も突かず、ひげもさっぱり剃り落とした。七三分けの短髪は「2つ目のホテルで、髪を伸ばしている場合ではないと思い、妻に切ってもらった」とザンゲの気持ちを強調したが、まるで別人のいでたちは潜伏期間中の「変装」のようにも思える。どうりで複数のメディアが張り込んでも、佐村河内氏の姿をキャッチできなかったわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    工藤静香はいい迷惑?渡辺美奈代に絶賛コメント急増のウラ

  3. 3

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  4. 4

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  5. 5

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  6. 6

    「山崎55年」は300万円 ウイスキー資産価値が高騰の可能性

  7. 7

    黒川氏「訓告」は官邸意向 退職金6700万円は“口止め料”か

  8. 8

    安倍官邸が移行急ぐ「9月入学」レガシーづくりの悪あがき

  9. 9

    検察は結局、黒川氏のスキャンダルを利用して独立を守った

  10. 10

    阪神藤浪に復活の予感 “自虐メール”にメンタル成長の片鱗

もっと見る