井上真央 シャカリキに働く裏に松嶋菜々子の“開店休業”

公開日:  更新日:

 井上真央(27)が、12日放送の教養番組「池上彰のJAPANプロジェクト~50年前のニッポン、未来のニッポン~」(テレビ東京系)でジャーナリストの池上彰氏と初共演することになった。

 どんどん仕事の幅を広げている井上だが、本業の女優業も絶好調。

 公開中の主演映画「白ゆき姫殺人事件」はヒット中で、今年の夏ごろからは主役を演じる来年放送のNHK大河「花燃ゆ」の撮影も本格化する。

 スケジュールはパンパン。本来なら女優以外の仕事をする余裕などないはずだが、「今回、テレビ東京の番組を引き受けた背景には、所属事務所の台所事情がある」と話すのは芸能プロ関係者だ。

「井上の事務所は所属タレントがわずか5人の小所帯。しかも、井上が大黒柱なのです。以前は松嶋菜々子が筆頭タレントでしたが、現在は開店休業状態。『家政婦のミタ』(11年)以降はヒット作もなく、公式ブログなんて2年以上も更新されていません。その上、プライベートでは“ドーベルマン訴訟”が発覚し、イメージが悪化。今年1月から放送予定だった日テレの主演ドラマをドタキャンしたと一部で報じられましたが、業界内の評判も決してよくない。事務所としては井上頼みなのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る