ASKAの主治医が告白 「曲作りのためアンナカ処方した」

公開日: 更新日:

 覚醒剤取締法違反の容疑で逮捕された歌手のASKA容疑者(本名・宮崎重明、56)の主治医・平石貴久医師が22日、フジテレビの「ノンストップ!」に出演。「私がASKAさんにアンナカを処方した」と明かした。平石医師によるとアンナカを処方したのは4、5年前。薬事法に従って処方したという。

「曲を作るのには長い時間がかかる。目を覚まさせるので処方した」と平石医師。ASKAは警察の取り調べに覚醒剤使用を否定し、アンナカを使ったと主張。「暴力団から手に入れた」と供述しているという。週刊誌の取材には2000年ごろから病院でもらったとも話している。平石医師からも処方してもらっているとすれば、アチコチから入手していたことになる。

 平石医師がASKAに最後に会ったのは週刊誌で覚醒剤報道があった後の昨年9月。風邪の症状を訴えて訪ねてきたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  3. 3

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  4. 4

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  5. 5

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  6. 6

    PCRを義務化し陽性者は即隔離…「伸晃モデル」を求める声

  7. 7

    「政治とカネ」問題かわす菅首相が10年前に言っていた正論

  8. 8

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  9. 9

    菅野の父親に県大会決勝の先発辞退を直訴するよう勧めた

  10. 10

    菅首相は逃げの一手 “8割おじさん”西浦氏の予算委出席拒否

もっと見る