日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ASKAの主治医が告白 「曲作りのためアンナカ処方した」

 覚醒剤取締法違反の容疑で逮捕された歌手のASKA容疑者(本名・宮崎重明、56)の主治医・平石貴久医師が22日、フジテレビの「ノンストップ!」に出演。「私がASKAさんにアンナカを処方した」と明かした。平石医師によるとアンナカを処方したのは4、5年前。薬事法に従って処方したという。

「曲を作るのには長い時間がかかる。目を覚まさせるので処方した」と平石医師。ASKAは警察の取り調べに覚醒剤使用を否定し、アンナカを使ったと主張。「暴力団から手に入れた」と供述しているという。週刊誌の取材には2000年ごろから病院でもらったとも話している。平石医師からも処方してもらっているとすれば、アチコチから入手していたことになる。

 平石医師がASKAに最後に会ったのは週刊誌で覚醒剤報道があった後の昨年9月。風邪の症状を訴えて訪ねてきたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事