ASKAの主治医が告白 「曲作りのためアンナカ処方した」

公開日: 更新日:

 覚醒剤取締法違反の容疑で逮捕された歌手のASKA容疑者(本名・宮崎重明、56)の主治医・平石貴久医師が22日、フジテレビの「ノンストップ!」に出演。「私がASKAさんにアンナカを処方した」と明かした。平石医師によるとアンナカを処方したのは4、5年前。薬事法に従って処方したという。

「曲を作るのには長い時間がかかる。目を覚まさせるので処方した」と平石医師。ASKAは警察の取り調べに覚醒剤使用を否定し、アンナカを使ったと主張。「暴力団から手に入れた」と供述しているという。週刊誌の取材には2000年ごろから病院でもらったとも話している。平石医師からも処方してもらっているとすれば、アチコチから入手していたことになる。

 平石医師がASKAに最後に会ったのは週刊誌で覚醒剤報道があった後の昨年9月。風邪の症状を訴えて訪ねてきたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  2. 2

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  3. 3

    YouTuber「ヴァンゆん」ゆん お金なく毎日コーンフレーク

  4. 4

    撃墜されたウクライナ機はアメリカ軍用機の盾にされた?

  5. 5

    ハリウッドザコシショウ 気づくとゴミ捨て場で寝ていた朝

  6. 6

    口と態度はエース級 巨人の“無名ドラ1”堀田が大物ぶり発揮

  7. 7

    卓球代表6人発表も…東京五輪「金メダル」への理想と現実

  8. 8

    ディストピアを現実化 安倍政権の正体を忘れてはいけない

  9. 9

    ロバート・ボールドウィンさん “外国人日本王”半生と近況

  10. 10

    小泉進次郎氏「育休」に批判殺到 “不倫隠し”が完全に裏目

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る