• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ASKAの主治医が告白 「曲作りのためアンナカ処方した」

 覚醒剤取締法違反の容疑で逮捕された歌手のASKA容疑者(本名・宮崎重明、56)の主治医・平石貴久医師が22日、フジテレビの「ノンストップ!」に出演。「私がASKAさんにアンナカを処方した」と明かした。平石医師によるとアンナカを処方したのは4、5年前。薬事法に従って処方したという。

「曲を作るのには長い時間がかかる。目を覚まさせるので処方した」と平石医師。ASKAは警察の取り調べに覚醒剤使用を否定し、アンナカを使ったと主張。「暴力団から手に入れた」と供述しているという。週刊誌の取材には2000年ごろから病院でもらったとも話している。平石医師からも処方してもらっているとすれば、アチコチから入手していたことになる。

 平石医師がASKAに最後に会ったのは週刊誌で覚醒剤報道があった後の昨年9月。風邪の症状を訴えて訪ねてきたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  3. 3

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  4. 4

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  5. 5

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  6. 6

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  7. 7

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  8. 8

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  9. 9

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  10. 10

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

もっと見る