CM、写真集、関連グッズ…羽生結弦の“価値”は3億円!?

公開日:  更新日:

 ソチ五輪で金メダリスト第1号となった男子フィギュアスケートの羽生結弦(19)。氷上で見せる真剣なまなざしと、あどけない笑顔のギャップにとりことなったファンは「ユヅリスト」と呼ばれ、現地やお茶の間で熱烈な声援を送っている。

 そんな「ユヅリスト」にとって金メダルという最高の結果を出した羽生の商品価値はすでにストップ高。金メダル候補だったスキージャンプの高梨沙羅(17)は3位以内にも入れず、「ソチの金メダルは羽生だけかもしれない」と懸念の声も出てきているだけに、“羽生熱”はインフレを起こしつつあるというのだ。「『第2の石川遼』のようになるんじゃないか」と話すのは、芸能評論家の肥留間正明氏。

「遼クンとは違って、後ろで糸を引いている父親の影も今のところ見えないので、クリアな印象も強い。さわやかで顔はジャニーズ系。タレントと違って、『金メダリスト』という虚飾のない実力が結果に出ている。頭の回転も速くて自分の言葉を持っているから若者の見本になるし、『東日本大震災を乗り越えた』というエピソードまであるので、すべてのメーカーが欲しがる“商品”でしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る