CM、写真集、関連グッズ…羽生結弦の“価値”は3億円!?

公開日: 更新日:

 ソチ五輪で金メダリスト第1号となった男子フィギュアスケートの羽生結弦(19)。氷上で見せる真剣なまなざしと、あどけない笑顔のギャップにとりことなったファンは「ユヅリスト」と呼ばれ、現地やお茶の間で熱烈な声援を送っている。

 そんな「ユヅリスト」にとって金メダルという最高の結果を出した羽生の商品価値はすでにストップ高。金メダル候補だったスキージャンプの高梨沙羅(17)は3位以内にも入れず、「ソチの金メダルは羽生だけかもしれない」と懸念の声も出てきているだけに、“羽生熱”はインフレを起こしつつあるというのだ。「『第2の石川遼』のようになるんじゃないか」と話すのは、芸能評論家の肥留間正明氏。

「遼クンとは違って、後ろで糸を引いている父親の影も今のところ見えないので、クリアな印象も強い。さわやかで顔はジャニーズ系。タレントと違って、『金メダリスト』という虚飾のない実力が結果に出ている。頭の回転も速くて自分の言葉を持っているから若者の見本になるし、『東日本大震災を乗り越えた』というエピソードまであるので、すべてのメーカーが欲しがる“商品”でしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  2. 2

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  3. 3

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  4. 4

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  5. 5

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  6. 6

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  7. 7

    JOC竹田会長辞任決意のウラ側 “国内引きこもり”が決定打

  8. 8

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  9. 9

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  10. 10

    HISの澤田秀雄会長はなぜ50億円の詐欺話に引っかかった

もっと見る