• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

CM、写真集、関連グッズ…羽生結弦の“価値”は3億円!?

 ソチ五輪で金メダリスト第1号となった男子フィギュアスケートの羽生結弦(19)。氷上で見せる真剣なまなざしと、あどけない笑顔のギャップにとりことなったファンは「ユヅリスト」と呼ばれ、現地やお茶の間で熱烈な声援を送っている。

 そんな「ユヅリスト」にとって金メダルという最高の結果を出した羽生の商品価値はすでにストップ高。金メダル候補だったスキージャンプの高梨沙羅(17)は3位以内にも入れず、「ソチの金メダルは羽生だけかもしれない」と懸念の声も出てきているだけに、“羽生熱”はインフレを起こしつつあるというのだ。「『第2の石川遼』のようになるんじゃないか」と話すのは、芸能評論家の肥留間正明氏。

「遼クンとは違って、後ろで糸を引いている父親の影も今のところ見えないので、クリアな印象も強い。さわやかで顔はジャニーズ系。タレントと違って、『金メダリスト』という虚飾のない実力が結果に出ている。頭の回転も速くて自分の言葉を持っているから若者の見本になるし、『東日本大震災を乗り越えた』というエピソードまであるので、すべてのメーカーが欲しがる“商品”でしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  6. 6

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  9. 9

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

  10. 10

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

もっと見る