ママ友が抗議文で反撃 江角マキコが食らった痛烈しっぺ返し

公開日: 更新日:

 江角マキコ(47)のブログが波紋を広げている。
 発端は「人は人、自分は自分」と題した先月30日付の投稿だ。

 かいつまんで言うと、江角は4年以上前にいろいろなウワサ話を流された。その時は露骨に無視をされたり、お茶会やランチ会をそのウワサを広めるために開かれたり。「違います!」と言いたいのを我慢して耐えたけど、子どもと一緒にいる時に無視をされたり、嫌みを言われたり…などとつづっている。

 要するに、江角の子どもが通う都内の超名門私立小のママ友たちから、江角がイジメに遭っていたというわけ。
 これには世の母親たちも敏感に反応し、江角の投稿には、すでに1000件を超えるコメントが寄せられている。

■ママ友界でも女王様キャラ

 ところが、もっと敏感に反応したのが、江角に吊るし上げられたママ友たちだった。女性セブン最新号が「『江角マキコこそ加害者!』母たちの激烈抗議文公開」と報じている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  2. 2

    エンゼルス大谷の現在地 調停金額で分かった二刀流の評価

  3. 3

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  4. 4

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  5. 5

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  6. 6

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  7. 7

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  8. 8

    ロッテ清田「無期限謹慎」は選手の不倫にブレーキかけるか

  9. 9

    巨人桑田コーチ補佐“先発135球”指令の波紋 何人できるか?

  10. 10

    大倉忠義「知ってるワイフ」不発の原因はリアルな息苦しさ

もっと見る