日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

かつて「お嫁にしたい女優」 東山明美さんは今もドラマ出演中

 東京五輪があった1964年に歌手デビューした東山明美さん(67)。愛くるしい笑顔で「お嫁さんにしたい女優」では常に上位にランクされ、ブロマイドの売り上げも吉永小百合や本間千代子などを抑え、トップを記録したこともある。さて、今どうしているのか――。

■「トシの割にガンバってるでしょ、ハハハ」

「まさか60代になって週1のレギュラー番組を持ち、仕事を続けられるなんて夢にも思ってなかったわ。BSジャパンで毎週土曜日に放送されてる、木佐彩子さん司会の『教えて!ドクター 家族の健康』って番組の中のショートドラマに出演してるの。評判が良くって、来年まで継続されるんですって。3月にはテレビ東京系の水曜ミステリー『レアケース 生活保護課の殺人事件簿』で石ちゃん(石塚英彦)と共演させてもらったり、6月は日本テレビ系の『トクボウ 警察庁特殊防犯課』に出た。歌手の仕事もちょこちょこ入ってくるし、トシの割にガンバってるでしょ、ハハハ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事