故マンガ太郎さん 容体急変前の取材で語っていた最期の話

公開日: 更新日:

“漫画漫談”のマンガ太郎さん(本名・朝倉康夫)が8月5日、肝臓がんで亡くなった。72歳だった。2年前の10月に発症し、肝臓の半分を切除する手術を受け、一度は回復。今年6月下旬までは舞台に立っていた。実は本紙は7月半ばに容体が急変する直前、マンガさんに取材をしていた。今回、ご遺族の了承を得て、マンガ師匠の最期の話を掲載する――。

「ワタシね、今はウチの協会(東京演芸協会)の副会長をやってんですよ。去年、会長だった牧伸二師匠が亡くなり、副会長だった原一平さんも体調不良を理由に降りちゃった。で、ワタシに副会長が回ってきた。会長? 野菜ミュージシャンのはたのぼる師匠。自分では補佐役程度に考えてたんだけど、新会長が何事も“よきにはからえ”なもんだから、協会の案件処理に追われてます」

 浅草は六区街にある喫茶店で会ったマンガ師匠、こういって苦笑いした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  3. 3

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  4. 4

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  5. 5

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  6. 6

    PCRを義務化し陽性者は即隔離…「伸晃モデル」を求める声

  7. 7

    「政治とカネ」問題かわす菅首相が10年前に言っていた正論

  8. 8

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  9. 9

    菅首相は逃げの一手 “8割おじさん”西浦氏の予算委出席拒否

  10. 10

    菅野の父親に県大会決勝の先発辞退を直訴するよう勧めた

もっと見る