フジ看板アナだった松倉悦郎さん お寺の住職になっていた

公開日:  更新日:

 逸見政孝さん(故人)と並んでフジテレビの看板男性アナだった、松倉悦郎さん(68)。ワイドショーの司会でのソフトな印象で主婦層から圧倒的な支持を受け、その後は名スポーツアナとして鳴らした。しかし、56歳にして依願退職。今どうしているのか――。

 山陽新幹線姫路駅からクルマで約20分、住宅地の一角にある浄土真宗本願寺派不動山善教寺を訪ねると、松倉さんが迎えてくれた。「楽しくなければお寺じゃない!」と記された名刺には「住職 結城思聞」とある。

「ここは妻の実家で、開基は室町時代中期の永正3年。今年で508年目になる古刹です。02年1月にフジテレビを依願退職してこちらに引っ越してきたから、姫路での暮らしは13年目になります。当初は家内が18代住職でしたが、開基500年の06年に私が19代に就任いたしました。ハイ、結婚の時点で妻のお寺を継ぐ心構えはできていました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  3. 3

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  4. 4

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  5. 5

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  6. 6

    「外交の安倍」どころか疫病神 日露、日韓、日米の無残

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  9. 9

    小規模・家族経営を潰す安倍政権の時代錯誤な“新自由主義”

  10. 10

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

もっと見る