フジ看板アナだった松倉悦郎さん お寺の住職になっていた

公開日: 更新日:

 逸見政孝さん(故人)と並んでフジテレビの看板男性アナだった、松倉悦郎さん(68)。ワイドショーの司会でのソフトな印象で主婦層から圧倒的な支持を受け、その後は名スポーツアナとして鳴らした。しかし、56歳にして依願退職。今どうしているのか――。

 山陽新幹線姫路駅からクルマで約20分、住宅地の一角にある浄土真宗本願寺派不動山善教寺を訪ねると、松倉さんが迎えてくれた。「楽しくなければお寺じゃない!」と記された名刺には「住職 結城思聞」とある。

「ここは妻の実家で、開基は室町時代中期の永正3年。今年で508年目になる古刹です。02年1月にフジテレビを依願退職してこちらに引っ越してきたから、姫路での暮らしは13年目になります。当初は家内が18代住職でしたが、開基500年の06年に私が19代に就任いたしました。ハイ、結婚の時点で妻のお寺を継ぐ心構えはできていました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渋沢栄一の不思議 なぜ“名を冠した企業”が1社しかないのか

  2. 2

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  3. 3

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  4. 4

    黒島結菜が22年NHK朝ドラ主演 ラブコメに起用されない理由

  5. 5

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  6. 6

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  7. 7

    「天国と地獄」高視聴率の裏に高橋一生“しなやかマッチョ”

  8. 8

    3.25聖火リレーに大逆風…スタートの福島は感染状況が深刻

  9. 9

    米国進出の渡辺直美は大成功する公算大 竹内結子の後輩に

  10. 10

    北川景子もハマっている「盛り塩」なぜ広まった?注意点も

もっと見る