フジ看板アナだった松倉悦郎さん お寺の住職になっていた

公開日: 更新日:

 逸見政孝さん(故人)と並んでフジテレビの看板男性アナだった、松倉悦郎さん(68)。ワイドショーの司会でのソフトな印象で主婦層から圧倒的な支持を受け、その後は名スポーツアナとして鳴らした。しかし、56歳にして依願退職。今どうしているのか――。

 山陽新幹線姫路駅からクルマで約20分、住宅地の一角にある浄土真宗本願寺派不動山善教寺を訪ねると、松倉さんが迎えてくれた。「楽しくなければお寺じゃない!」と記された名刺には「住職 結城思聞」とある。

「ここは妻の実家で、開基は室町時代中期の永正3年。今年で508年目になる古刹です。02年1月にフジテレビを依願退職してこちらに引っ越してきたから、姫路での暮らしは13年目になります。当初は家内が18代住職でしたが、開基500年の06年に私が19代に就任いたしました。ハイ、結婚の時点で妻のお寺を継ぐ心構えはできていました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  2. 2

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

  3. 3

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  4. 4

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  5. 5

    嵐に燻り続けてきた“プロパーvs外様”メンバーの確執と暗闘

  6. 6

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  7. 7

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  8. 8

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  9. 9

    背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

  10. 10

    好調な映画そっちのけ…キムタクの雑な“白髪染め”が話題に

もっと見る