• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

クドカン脚本「ごめんね青春!」 低視聴率スタートのなぜ?

 売れっ子脚本家もこの数字ではメンツ丸つぶれだ。平均視聴率20%超えをマークしたNHK朝ドラ「あまちゃん」以来、初の連ドラ脚本。宮藤官九郎(44)の新作として注目された学園ドラマ「ごめんね青春!」(日曜21時~、TBS系)だったが、初回(12日)視聴率は10.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区=以下同)。2ケタぎりぎりのスタートとなった。

 もっとも、「あまちゃん」以外は爆発的なヒット作に恵まれない脚本家。過去のいずれの連ドラも平均視聴率10%台前半から半ば程度である。

「コアなファンが一定数いるのでDVDはやたら売れる。作品の評価も高い。それでも本編は微動だにしない“低視聴率”というのが、クドカンのドラマです。今作も、金八先生やモリケン主演の『おれは男だ!』といったオジサン世代には懐かしい青春学園ドラマのテイストで、小ネタ満載。視聴率も内容もすべて期待を裏切らない初回ではありました」(コラムニストの桧山珠美氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  2. 2

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  3. 3

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  4. 4

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  5. 5

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  6. 6

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  7. 7

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  8. 8

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  9. 9

    熊本では逮捕されたが…大阪北部地震でも現れた「愉快犯」

  10. 10

    松本伊代&早見優 80年代アイドル歌謡ショーの隠れた需要

もっと見る