BORDER出演 波瑠を開花させた谷口正晃監督“マジック”

公開日: 更新日:

 春の新ドラマの中でも要注目! 死者と対話ができる能力を持つ刑事役を小栗旬が演じている木曜ドラマ「BORDER」(テレビ朝日系)で、沖縄のユタ(民間霊媒師)一族の血を引くエリート検視官という難役を演じる。演技派女優への階段を駆け上がっている22歳には、演技開眼のきっかけを作ってくれた恩人がいた―。

伊集院静原作のドラマ「いねむり先生」での夏目雅子役の演技など、一気に演技派女優の仲間入りをした感がある。そのきっかけとなったのは一昨年公開のオムニバス映画「BUNGO~ささやかな欲望~」の一編、林芙美子原作の「幸福の行方」に主演してからだった。彼女にとってこの短編でメガホンを取った谷口正晃監督との出会いは衝撃だった。

「短編映画なので少ない日数で集中的に濃い撮影が続く日々で、緊張の連続。出演する側からすると楽な日がまったくない。谷口監督はそんな中でも役者に自然のままにいさせてくれる監督だったんです。撮影中には予想外のことが起きるのが常ですが、そんな時もあるがままに受け入れてくれたので驚きました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  2. 2

    幼保無償化がようやくスタートも…多子世帯には厳しい現実

  3. 3

    植野妙実子氏「表現の自由」の抑圧で民主国家は成立しない

  4. 4

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  5. 5

    「桜を見る会」関連業務“アベ友業者”にオイシイ受注誘導か

  6. 6

    五つ子の“減胎手術”ですべての子を失った女性の悔恨

  7. 7

    誰が見ても違反じゃないか 動かない捜査当局の腐敗堕落

  8. 8

    元おニャン子・立見里歌さん 元アイドルが子育て終えた今

  9. 9

    「ゴジラvsコング」で始動 小栗旬を待つ“雑巾がけ”の日々

  10. 10

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る