ペット不可マンションで…ムツゴロウさんが思い描く“余生”

公開日: 更新日:

「万年筆ベストコーディネイト賞2014」の表彰式が13日に行われ、「ムツゴロウさん」が久々に元気な姿を見せた。

 同表彰式には「一般投票部門」と「前年度受賞者選出部門」がある。「ムツゴロウさん」こと、動物研究家で作家としても活動するの畑正憲氏(79)は前年度受賞者の山本圭氏(74)から指名されての受賞。山本氏はバラエティー番組「ムツゴロウとゆかいな仲間たち」シリーズでナレーションを担当しており、プライベートでも20年来の友人だという。

 一世を風靡したムツゴロウさんだが、04年に観光施設として開園した「東京ムツゴロウ動物王国」が歯車を狂わす元凶となる。06年に「動物王国」の運営会社が経営破綻。負債総額は8億円にのぼり、07年には「動物王国」を閉園。運営資金を個人で借り入れていたため、背負った3億円の借金を自己破産せず、執筆や講演活動などの収入で約8年かけて完済したという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  5. 5

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  6. 6

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  7. 7

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  8. 8

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  9. 9

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  10. 10

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

もっと見る