29年ぶり復活に水差す ビートきよし1500万円借金トラブル

公開日:  更新日:

「たけしからすれば寝耳に水。トラブルを知っていたら、さすがに声を掛けられませんよ」(事情通)

 先月1日、「29年ぶりに復活」と話題になったツービート。1985年にフリーとなったビートきよし(64)がビートたけし(67)の事務所に入ることが決まり、コンビでの活動が増えると期待されたのだ。

 すでに“新生ツービート”による収録は、たけしのレギュラー番組から始まっている。きよしのピンの仕事も増えていて、12日放送のフジの月9ドラマ「極悪がんぼ」にもゲスト出演。“たけし効果”はテキメンだったが、その裏で裁判を起こされていたのである。

■たけしが声掛け事務所入り

 発売中の週刊文春によると、今月2日にきよしを訴えたのは横浜市で建設会社を経営する資産家。きよしに頼まれて1500万円を融資した相手に返済を求めたところ、「1200万円はきよしが持っていった」といわれたという。そのため、きよしに返済を迫るもラチがあかず、最後の手段に出たわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る