日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

三原じゅん子議員が借金トラブル 元巨人水野氏と“深い仲”

 女性大臣の辞任騒動の最中、注目を浴びている自民党女性局長の三原じゅん子参院議員(50)。発売中の「週刊文春」で、元巨人で野球解説者の水野雄仁氏(49)との“金銭トラブル”が報じられている。

 記事によると、水野氏と借金の「覚書」が交わされたのは2000年4月。覚書には、三原が水野氏に対して1000万円の借入債務を負担したと書かれている。“1000万円”は、三原が離婚するために必要なお金だったという。

「三原の芸能活動のピークは80年代後半。その後は舞台などちょこちょこ出ていた。カーレーサーの松永雅博氏と結婚したが、カーレーサーはお金がかかるし、トップクラスじゃない限り儲からない。松永氏とはぜいたくな暮らしはできなかったようです。99年5月の離婚後、どういうわけか三原が“慰謝料”を払ったともいわれています。でも、それも十分払う預金はなかったのでしょう」(マスコミ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事