窪塚洋介を「理由なきダイブ」と語ったジョニー大倉の転落事故

公開日: 更新日:

 肺がんを患い62歳で死去したジョニー大倉さん。その人生でキャロルの解散に劣らないほど話題だったのは87年の“ダイブ騒動”だ。

 生前自らを“不死身のロックンローラー”と称していたが、それはあの騒動があったから。ジョニーさんは87年10月、富山市のホテル7階から転落した。この事故で全治6カ月の重傷を負い、当時、「地上7階からのダイビング」と書いたマスコミもあったほど。だが、後遺症もなく、完全復活したのだ。

 これに対して、泥酔が原因ではとか、さらにドラッグ疑惑まで飛び出す始末。だが、後日、本人が取材に応じ、「ベッドの上に立って窓を勢いよく開けたら、すべってそのまま落ちただけ」の事故だったと語り、「クスリをやってたと書いていた媒体もあったけど、それはない」ときっぱり否定した。

 ちなみに、事故の報を聞き、いち早く見舞いの電話をくれたのは矢沢永吉で「『バカヤロウ』って言われちゃった。うれしかった」と語った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  2. 2

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  3. 3

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  4. 4

    菅首相長男らの違法接待で深まる謎…東北新社の正体とは?

  5. 5

    “鉄壁ガースー”どこが?東北新社「わからない」のテキトー

  6. 6

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  7. 7

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  8. 8

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  9. 9

    デマ垂れ流し集団「大阪維新の会」の“ファクトチェック”

  10. 10

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

もっと見る