窪塚洋介を「理由なきダイブ」と語ったジョニー大倉の転落事故

公開日: 更新日:

 肺がんを患い62歳で死去したジョニー大倉さん。その人生でキャロルの解散に劣らないほど話題だったのは87年の“ダイブ騒動”だ。

 生前自らを“不死身のロックンローラー”と称していたが、それはあの騒動があったから。ジョニーさんは87年10月、富山市のホテル7階から転落した。この事故で全治6カ月の重傷を負い、当時、「地上7階からのダイビング」と書いたマスコミもあったほど。だが、後遺症もなく、完全復活したのだ。

 これに対して、泥酔が原因ではとか、さらにドラッグ疑惑まで飛び出す始末。だが、後日、本人が取材に応じ、「ベッドの上に立って窓を勢いよく開けたら、すべってそのまま落ちただけ」の事故だったと語り、「クスリをやってたと書いていた媒体もあったけど、それはない」ときっぱり否定した。

 ちなみに、事故の報を聞き、いち早く見舞いの電話をくれたのは矢沢永吉で「『バカヤロウ』って言われちゃった。うれしかった」と語った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  2. 2

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  3. 3

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  4. 4

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  5. 5

    「麒麟がくる」視聴率下降の原因か…海老蔵の“語り”が不評

  6. 6

    石井GMとの確執を噂され解任…平石前楽天監督に真相を直撃

  7. 7

    新型肺炎の三馬鹿トリオ 引きずり降ろさなければ危機拡大

  8. 8

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  9. 9

    無策の上に疑惑まみれ 「肺炎対応」安倍政権は神頼み<上>

  10. 10

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る