デビュー2年でクビ 段田男は愛知で歌謡教室を開いていた

公開日: 更新日:

 今から28年前、角刈りの若者がスーツ姿で演歌を歌ってデビューした。忘れもしない、段田男さん(47)だ。しかし、歌手生活たった2年余り。瞬く間に消えてしまったため、「死亡説」も流れた。段田さん、今どうしているのか。

 段田さんは名古屋駅から名鉄特急を乗り継ぐこと約40分。さらに名鉄三河線の竹村駅からタクシーで10分の自宅(みよし市明知町)に両親と暮らしている。

「“芸能界におまえの居場所はない”と宣告されて泣く泣く引退し、ここに戻ったのが89年の11月でした。何にもヤル気が起きず、ブラブラしてたんだけど、家で両親は黙って見守ってくれてた。と、年が明けた2月、父さんに“釘でも打ってみるか”といわれましてね」

 父親は「建築業ふかや」を経営していた。

「個人で一戸建ての建築を請け負ってました。こんな大変な仕事をセガレに継がせたくない、が口癖だったのに、いつまでも仕事に就かないボクが目に余ったんでしょう。建築現場には父さんと2人で行き、釘の打ち方の初歩から教えてもらいました。大工は15年くらいやったのかな。でも、自分にはどこか向いてないような気がして……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  5. 5

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  6. 6

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  7. 7

    遠のく錦織GS制覇…稚拙なチームとマネジメントに疑問の声

  8. 8

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  9. 9

    一体何が…大坂なおみ“心の支柱”サーシャ氏と決別の衝撃

  10. 10

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

もっと見る