デビュー2年でクビ 段田男は愛知で歌謡教室を開いていた

公開日:  更新日:

 今から28年前、角刈りの若者がスーツ姿で演歌を歌ってデビューした。忘れもしない、段田男さん(47)だ。しかし、歌手生活たった2年余り。瞬く間に消えてしまったため、「死亡説」も流れた。段田さん、今どうしているのか。

 段田さんは名古屋駅から名鉄特急を乗り継ぐこと約40分。さらに名鉄三河線の竹村駅からタクシーで10分の自宅(みよし市明知町)に両親と暮らしている。

「“芸能界におまえの居場所はない”と宣告されて泣く泣く引退し、ここに戻ったのが89年の11月でした。何にもヤル気が起きず、ブラブラしてたんだけど、家で両親は黙って見守ってくれてた。と、年が明けた2月、父さんに“釘でも打ってみるか”といわれましてね」

 父親は「建築業ふかや」を経営していた。

「個人で一戸建ての建築を請け負ってました。こんな大変な仕事をセガレに継がせたくない、が口癖だったのに、いつまでも仕事に就かないボクが目に余ったんでしょう。建築現場には父さんと2人で行き、釘の打ち方の初歩から教えてもらいました。大工は15年くらいやったのかな。でも、自分にはどこか向いてないような気がして……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る