デビュー2年でクビ 段田男は愛知で歌謡教室を開いていた

公開日:  更新日:

 今から28年前、角刈りの若者がスーツ姿で演歌を歌ってデビューした。忘れもしない、段田男さん(47)だ。しかし、歌手生活たった2年余り。瞬く間に消えてしまったため、「死亡説」も流れた。段田さん、今どうしているのか。

 段田さんは名古屋駅から名鉄特急を乗り継ぐこと約40分。さらに名鉄三河線の竹村駅からタクシーで10分の自宅(みよし市明知町)に両親と暮らしている。

「“芸能界におまえの居場所はない”と宣告されて泣く泣く引退し、ここに戻ったのが89年の11月でした。何にもヤル気が起きず、ブラブラしてたんだけど、家で両親は黙って見守ってくれてた。と、年が明けた2月、父さんに“釘でも打ってみるか”といわれましてね」

 父親は「建築業ふかや」を経営していた。

「個人で一戸建ての建築を請け負ってました。こんな大変な仕事をセガレに継がせたくない、が口癖だったのに、いつまでも仕事に就かないボクが目に余ったんでしょう。建築現場には父さんと2人で行き、釘の打ち方の初歩から教えてもらいました。大工は15年くらいやったのかな。でも、自分にはどこか向いてないような気がして……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

もっと見る