日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

吉高由里子 事務所にナイショで元マネジャーと旅行記の波紋

 大晦日の紅白歌合戦で司会をつとめる吉高由里子(26)。その意外な一面が発売中の雑誌「Quick Japan Vol117」(太田出版)で紹介されている。

 同誌では今月いっぱいで吉高の所属事務所を退社する担当マネジャーと吉高の、06年からの歩みを「吉高由里子 二人三脚の足跡」として、なんと100ページにわたって大特集。マネジャーは実は現職の長野市長の次女で、同誌ではマネジャーの地元の長野を旅行しながら、市長の執務室での3ショットも公開。他にも2人でよく過ごしたというマネジャーの自宅マンション、韓国旅行などをほぼプライベートショットに近い写真とともに紹介している。

 吉高は今年、NHKの朝ドラ「花子とアン」で大ブレーク。マネジャーは「由里子を国民的女優にすることが夢だった」「朝ドラのヒロインというのが一番の夢だった」など熱い思いを吐露。紅白の司会についても、「1年前の由里子だったら受けてない」としつつ、「(オファーを)受けると言ってくれた時はうれしかった」と吉高の成長ぶりを我がことのように喜んでいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事