主演ドラマ不調 もう消えた仲間由紀恵の「花子とアン」効果

公開日:  更新日:

 NHKの朝ドラ「花子とアン」で再び注目されたばかりの仲間由紀恵(35)に黄信号が灯っている。原因は約1年半ぶりにヒロインを務めたドラマ「SAKURA~事件を聞く女~」(TBS系)の低空飛行だ。

「視聴率が振るわないのが最大の理由。初回視聴率9.9%、第2話も10.0%では3話目以降も上がり目は薄い。『花子とアン』の高視聴率は、やはり吉高由里子の人気の賜物だったと仲間の評価を再度、見直す動きが出てきた」(芸能プロ関係者)

 結論からいえば、結果を出せない仲間に対しキー局が再び距離を置き始めたというのだ。

 その理由を某制作会社ドラマプロデューサーが解説する。
「刑事ドラマで一番やってはいけないパターンをTBSは実践してしまった。『SAKURA』で仲間扮する刑事・水沢桜は、朝はFM局のパーソナリティー、昼は駒込中央署生活安全課の相談窓口、そして夜は祖母が営む小料理屋でなじみ客から情報を得る。そんな複数の顔を持つ女刑事が事件を解決していく物語ですが、とにかくリアリティーがゼロ。昨今、話題になった刑事モノはいずれもシリアスなものばかり。『相棒』(テレビ朝日系)、『ST』(日本テレビ系)、『MOZU』(TBS系)などを見て目が肥えた視聴者にとって『SAKURA』は視聴に堪えうるドラマではない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

もっと見る