美女の姿も…ASKAで話題“接待パーティー”早くも復活?

公開日:  更新日:

 ASKA事件で一躍注目を集めたパソナの接待施設「仁風林」(東京・港区)。ASKAとその愛人が出会った場所とされる。政治家やタレントらが夜な夜な集まっていたというが、5月の事件発覚から7カ月、現在はどうなっているのか。

「秘書らしき数人の美女に囲まれて、じゃれ合っている南部(靖之)代表をちょくちょく見かけますよ」(近隣住民)

 例のパーティーも復活したんだとか。

「事件発覚まで毎晩のように三味線とか話し声が響き、クラブのようにカラフルな光が漏れて眠れなかったんです。6月以降、数週間は静かになったけど、夏前には再開したみたい。前より地味だけど、相変わらず、和装の調理人、黒服、コンパニオンみたいな女性が出入りしています。仁風林は昔から、ゴミ収集を独自で頼んでいるんです。パーティーで出た大量のゴミを運ぶんだけど、早朝から収集車の音がうるさい。最近もそんな感じです」(別の近隣住民)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る