日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

美女の姿も…ASKAで話題“接待パーティー”早くも復活?

 ASKA事件で一躍注目を集めたパソナの接待施設「仁風林」(東京・港区)。ASKAとその愛人が出会った場所とされる。政治家やタレントらが夜な夜な集まっていたというが、5月の事件発覚から7カ月、現在はどうなっているのか。

「秘書らしき数人の美女に囲まれて、じゃれ合っている南部(靖之)代表をちょくちょく見かけますよ」(近隣住民)

 例のパーティーも復活したんだとか。

「事件発覚まで毎晩のように三味線とか話し声が響き、クラブのようにカラフルな光が漏れて眠れなかったんです。6月以降、数週間は静かになったけど、夏前には再開したみたい。前より地味だけど、相変わらず、和装の調理人、黒服、コンパニオンみたいな女性が出入りしています。仁風林は昔から、ゴミ収集を独自で頼んでいるんです。パーティーで出た大量のゴミを運ぶんだけど、早朝から収集車の音がうるさい。最近もそんな感じです」(別の近隣住民)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事