小倉智昭&菊川怜 “不仲説”が飛ぶから面白い「とくダネ!」

公開日: 更新日:

 一見、こちらもぶっきらぼうな父、小倉智昭、その父になにかと反抗的な娘の菊川怜、それを温かく見守る姉、梅津弥英子アナ、いつまでも父を超えられない兄、笠井信輔アナといった疑似ファミリーとして捉えることもできる。しかし、この番組、決して仲良しファミリーには見えないところがミソだ。小倉と菊川の不仲説が定期的に飛び出すほどだから。

 19日の放送でも、菊川が番組を途中退席。原因は急性胃腸炎だそうだが、「小倉のイジメのせい!?」とすぐに盛り上がってしまう。まるで小倉が恐怖政治を敷いているような印象だが、番組を見ていると実はそうではないことがわかる。

 ほかの番組は仲良しごっこをやっているだけで本当に自分の意見を言えてるか怪しいが、「とくダネ」は小倉のイエスマンはおらず、好き勝手なことを自由に発言しているように見える。いくら気分が悪いからといって、番組を途中で退席する司会者はそうはいない。それをやらせているのも自由度の高い証拠? と思えてしまう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芸能界ケンカ最強候補だった渡瀬恒彦は女に手を出すのも…

  2. 2

    手を出す? 俺にとって麗子はストライクゾーンに入らない

  3. 3

    松方弘樹は釣りと並んで女にも入れあげて力いっぱい生きた

  4. 4

    河井夫妻“選挙買収”捜査本腰へ急展開 落選議員が検察援護

  5. 5

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

  6. 6

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  7. 7

    「恋つづ」佐藤健に挑む上白石萌音が宮崎美子に見えるワケ

  8. 8

    不倫報道のJr.を“一罰百戒” 滝沢秀明副社長いきなり正念場

  9. 9

    ディストピアを現実化 安倍政権の正体を忘れてはいけない

  10. 10

    為末大と大迫傑が噛みついた「箱根駅伝」解体の“Xデー”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る