日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

明石家さんま26年ぶり土曜夜に フジ失地回復策は吉と出るか

 視聴率低迷にあえぐフジテレビが4月、土曜夜のお笑い番組をスタートさせ、その司会を明石家さんま(59)に託したことが話題だ。さんまがフジの土曜夜に出演するのは「オレたちひょうきん族」以来、実に26年ぶり。さんまを起用して「全盛期の夢よ、もう一度」ということだろう。

 番組は土曜夜11時10分からの「さんまのお笑い向上委員会」。芸人をゲストに招き、どうすればもっと売れるか、さんまの音頭取りでアイデアを出していく。

 女性誌芸能デスクは「いまだに潜在視聴率がトップクラスで、ゲストやタレントのイジり方が抜群にうまい、さんまならではの笑いが期待できます」と言うのだが、続けてこんな指摘も。

「この企画の原案は『FNS27時間テレビ』で放送された『明石家さんまの大反省会』(13年)、『向上委員会』(08年)の合体。2つのコーナーの焼き直しとの印象は拭えませんね。かつて、80年代当時のフジテレビは斬新な企画、奇抜な番組を深夜枠で流し、そこで話題になったものをゴールデンタイムに昇華させたりしていたけど、このところ、ダブル浅野や『ナースのお仕事』を復活させたりもしている。全盛期の勢いを取り戻すというのなら、かつてのチャレンジ精神を取り戻すのが復活の早道ではないでしょうか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事