明石家さんま26年ぶり土曜夜に フジ失地回復策は吉と出るか

公開日: 更新日:

 視聴率低迷にあえぐフジテレビが4月、土曜夜のお笑い番組をスタートさせ、その司会を明石家さんま(59)に託したことが話題だ。さんまがフジの土曜夜に出演するのは「オレたちひょうきん族」以来、実に26年ぶり。さんまを起用して「全盛期の夢よ、もう一度」ということだろう。

 番組は土曜夜11時10分からの「さんまのお笑い向上委員会」。芸人をゲストに招き、どうすればもっと売れるか、さんまの音頭取りでアイデアを出していく。

 女性誌芸能デスクは「いまだに潜在視聴率がトップクラスで、ゲストやタレントのイジり方が抜群にうまい、さんまならではの笑いが期待できます」と言うのだが、続けてこんな指摘も。

「この企画の原案は『FNS27時間テレビ』で放送された『明石家さんまの大反省会』(13年)、『向上委員会』(08年)の合体。2つのコーナーの焼き直しとの印象は拭えませんね。かつて、80年代当時のフジテレビは斬新な企画、奇抜な番組を深夜枠で流し、そこで話題になったものをゴールデンタイムに昇華させたりしていたけど、このところ、ダブル浅野や『ナースのお仕事』を復活させたりもしている。全盛期の勢いを取り戻すというのなら、かつてのチャレンジ精神を取り戻すのが復活の早道ではないでしょうか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  2. 2

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

  3. 3

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  4. 4

    嘘ばっかついて…だから、安倍政権じゃダメなんじゃん?

  5. 5

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  6. 6

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  7. 7

    渋野日向子「異質の人間力」が女子ツアーをガラリと変えた

  8. 8

    魔性の女返上?高岡早紀が難病患う52歳実業家と献身介護泊

  9. 9

    安倍首相 桜を見る会疑惑「逃げ切り」の援軍はテレビ局

  10. 10

    防衛費過去最高4.2億円 年金支給減で補正の大盤振る舞い

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る