日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

菊川怜「とくダネ!」復帰も…心配される“急性胃腸炎”の理由

「本当に大丈夫なんだろうか」――そう心配されているのは女優・菊川怜(36)。19日、「とくダネ!」の生放送中、体調不良のため途中退席した。

 所属事務所は「そのまま病院に向かい、『急性胃腸炎』と診断されたので一日安静にして過ごします」とコメント。一夜明けた20日は、番組冒頭で「ご心配をおかけしました」と一礼した。菊川は1年前にも「とくダネ!」を途中退席しているだけに、翌日復帰したとはいえ心配だ。

「テレビの露出だけ見れば、主役級で連ドラに出ずっぱりだった、かつての勢いはないように見えますが、『赤かぶ検事奮戦記』『温泉女将ふたりの事件簿』などの2時間ドラマにはコンスタントに出ています。仕事は順調です」(関係者)

 ただ、同じ事務所の上戸彩(29)や米倉涼子(39)が結婚する中、菊川は“独身ネタ”がウリになりつつある。「とくダネ!」の小倉智昭キャスター(67)にいじられることも少なくない。先月8日のイベントでは、「事務所のみんなはどんどんおめでたい話が出てくる。あまり新聞を見たくない日々が続きました」と本音を漏らしていた。

 胃が痛む理由はプライベートの問題?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事