フジ失態続き…有力スポンサー令嬢と離婚した敏腕Pの醜聞

公開日:  更新日:

 19日発売の「週刊文春」が、またまたフジテレビの失態を報じている。13日にフジ系で放送されたドラマ「黒い看護婦」(大竹しのぶ主演)のエンドロールや番組HPには、あるべきはずの演出や監督の名前が全く表記されていない。

 業界の常識では考えられない異例の事態を引き起こしたのは、フジの傲慢な行動によるもの。オンエアを待つばかりの完成VTRを土壇場になって、監督サイドの意向はおろか、作品の内容や流れは一切お構いなしで、大幅カットを指示したというから開いた口が塞がらない。

 作品や監督に対するリスペクトのかけらも感じられない所業だが、これとはまた別に、フジ幹部が頭を抱える事態が起こっているという。

 ドラマ制作センターの40代敏腕プロデューサーが昨年、同局の有力スポンサーの令嬢と社内結婚。「逆タマ婚」と話題になったというが、わずか2カ月余りで破綻。その原因を巡って衝撃的なウワサがお台場を駆け巡っているというのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

もっと見る