• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

フジ失態続き…有力スポンサー令嬢と離婚した敏腕Pの醜聞

 19日発売の「週刊文春」が、またまたフジテレビの失態を報じている。13日にフジ系で放送されたドラマ「黒い看護婦」(大竹しのぶ主演)のエンドロールや番組HPには、あるべきはずの演出や監督の名前が全く表記されていない。

 業界の常識では考えられない異例の事態を引き起こしたのは、フジの傲慢な行動によるもの。オンエアを待つばかりの完成VTRを土壇場になって、監督サイドの意向はおろか、作品の内容や流れは一切お構いなしで、大幅カットを指示したというから開いた口が塞がらない。

 作品や監督に対するリスペクトのかけらも感じられない所業だが、これとはまた別に、フジ幹部が頭を抱える事態が起こっているという。

 ドラマ制作センターの40代敏腕プロデューサーが昨年、同局の有力スポンサーの令嬢と社内結婚。「逆タマ婚」と話題になったというが、わずか2カ月余りで破綻。その原因を巡って衝撃的なウワサがお台場を駆け巡っているというのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  3. 3

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  4. 4

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  5. 5

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  6. 6

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  7. 7

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

  8. 8

    ロッテは身売り否定も…ZOZO前澤氏が招く“球界再編”第2幕

  9. 9

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  10. 10

    「別に」から完全復活…沢尻エリカは豹変したか猫かぶりか

もっと見る