ハーフ枠“本家”ローラの復活で急失速 水沢アリーの処世術

公開日:  更新日:

「第2のローラ」としてバラエティー番組を中心に活躍していた水沢アリー(24)が急失速だ。

 一昨年6月にローラの父親が詐欺容疑で国際手配された際には、ローラと入れ替わるかのように、テレビ出演が急増。しばらくはバラエティーに引っ張りだこで、昨年1月にはJリーグ・浦和の槙野智章(27)との交際も発覚。仕事も男も欲張り放題だったのだが……。

「テレビ界ではローラ同様、“ハーフタレント枠”の位置付けでしたが、曽祖父がドイツ人というだけでれっきとした日本人。おまけに、自分のカラーを出そうと思ったのか、いつしかローラのモノマネもしなくなった。ローラの仕事量が回復するにつれて、水沢の仕事が激減しています」(テレビ関係者)

 ならばとスタジオを飛び出して挑んだのがマラソン。初のフルマラソンとなった先日の東京マラソンは4時間34分18秒で完走し号泣。とはいえ、マラソンも仕事にできるレベルではないため、今度はパチンコホールでの営業を始めている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る